富華三歩

うちのニャン・ワン

狂言

2017-03-20 14:23:46 | 日記

私の若い友人で、お正月には、狂言会に行って初笑いをしニューイヤーコンサートで音楽を聞いて、新しい年を迎えるって人がいます。
私は、いつもお正月は、飯炊きばあさんですが・・・こんな友人のようなお正月を私は、迎えられるのでしょうか・・・
その友人から、昨日立ち合い狂言会のチケットをいただき狂言会を楽しませてもらってきました。
お声のすばらしさ、プロだから当たり前と言ったら当たり前なのですが、動作の身軽なこと・・・
会が始まるまで少し時間があったので、私みたいに狂言初めて人用に「漫画狂言」が金剛能楽堂の待合にあったので、昨日のお題目を読ませてもらって会に臨みました。「鶏聟」 「寝音曲」 「呂蓮」 「佐渡狐」話は、単純ですが、どれも見事な舞台でした。

最後に出演された全員が舞台に立たれ、大笑い・・・「あ、はっはっはっ」見事なお声でした

帰り、お隣の「とらや」さんの前を通ったら、おはぎが・・・お彼岸ですね。
早速、久し振りにおはぎが食べたくて作ってみました。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ツバキ | トップ | 春です。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (山ちゃん)
2017-03-20 20:00:35
京都の能舞台ってどこに有るの?? 狂言は鑑賞
した事がありません。歌舞伎は一時は月に2回は
行っていましたが、お小遣いの範囲を超えるので
止めました。歌舞伎の勉強にはなりましたが。
日本の古典芸能の良さが判る様になってきました。
おはぎ 見事な出来栄え!!  凄い 凄い!
Unknown (富華)
2017-03-20 20:18:05
能舞台は、烏丸今出川を少し下がった「虎屋」本店のお隣にあります。
名前は、金剛能楽堂。私は、ここへ行きました。
他に岡崎にある「観世会館」があります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。