浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-03-21 00:05:53 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

      ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
               第三 大なる章 

              12、二種の観察

「修行僧たちよ。
『また他の方法によっても二種のことがらを正しく観察することができるのか?』と、
もしもだれかに問われたならば、『できる』と答えなければならない。
どうしてであるか?『神々と悪魔と共なる世界、道の人(沙門)・バラモン・神々・
人間を含む諸々の生存者が(これは真理である)と考えたものを、諸々の聖者は
〈これは虚妄である〉と如実に正しい智慧をもってよく観ずる』
―――これが一つの観察〔法〕である。
『神々と悪魔と共なる世界、道の人・バラモン・神々・人間を含む諸々の生存者が
〈これは虚妄である〉と考えたものを、諸々の聖者は〈これは真理である〉と如実に
正しくい智慧をもってよく観ずる』―――これが第二の観察〔法〕である。
このように二種〔の観察法〕を正しく観察して、怠らず、つとめ励んで、専心している
修業僧にとっては、二つの果報のうちのいずれか一つの果報が期待され得る。
―――すなわち現世のおける〈さとり〉か、あるいは煩悩の残りがあるならば、
この迷いの生存に戻らないことである。」―――
師(ブッダ)はこのように告げられた。
そうして、幸せな師はさらにまた次のように説かれた。

756、見よ、神々並びに世人は、非我なるものを我と思いなし、〈名称と形態〉
      (個体)に執着している。
      「これこそ真理である」と考えている。

757、或るものを、ああだろう、こうだろう、と考えても、
      そのものはそれとは異なったものとなる。
      何となれば、その(愚者の)その(考え)は虚妄なのである。
      過ぎ去るものは虚妄なるものであるから、

758、安らぎは虚妄ならざるものである。
      諸々の聖者はそれを真理であると知る。
      かれらは実に真理をさとるが故に、
      快を貪ることなく平安に帰しているのである。


             ~ 感謝・合掌 ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む