浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-05-11 23:41:24 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

        ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

   
               第四 八つの詩句の章 

              13、並ぶ応答――長篇

907、(真の)バラモンは、他人に導かれことがない。
         また諸々のことがらについて断定をして固執することもない。
         それ故に、諸々の論争を超越している。
         他の教えを最も勝れたものだと見なすこともないからである。

908、「われは知る。われは見る。これはそのとおりである」
         という見解によって清浄になることができる。
         と或る人々は理解している。
         たといかれが見たとしても、それがそなたにとって、何の用があるだろう。
         かれらは、正しい道を踏み外して、他人によって清浄となると説く。

909、見る人は名称と形態とを見る。
         また見てはそれらを(常住または安楽であると)認め知るであろう。
         見たい人は、多かれ少なかれ、それらを(そのように)見たらよいだろう。
         真理に達した人々は、それ(を見ること)によって清浄になるとは
         説かないからである。


                ~ 感謝・合掌 ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

浄心庵 長尾弘先生垂訓」カテゴリの最新記事