浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-06-18 00:00:41 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

 ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
           第五、 彼岸に至る道の章 

                1、序

1015、尊き師(ブッダ)はそのとき僧衆に敬われ、
        獅子が林の中で吼えるように修行僧(比丘)らに
        法を説いておられた。

1016、光を放ちおわった太陽のような、
        円満になった十五夜の月のような目覚めた人(ブッダ)を、
        アジタは見たのである。

1017、そこで(アジタは)師(ブッダ)の肢体に
        円満な相好のそなわっているのを見て、喜んで、
        傍らに立ち、こころの中で(ブッダに次のように)
        質問した。―――


             ~ 感謝・合掌 ~



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

浄心庵 長尾弘先生垂訓」カテゴリの最新記事