浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-07-17 23:37:41 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

      ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
           第五、 彼岸に至る道の章 

           14、学生ウダヤの質問

1105、ウダヤさんがたずねた、
        「瞑想に入って坐し、塵垢を離れ、為すべきことを為しおえ、
        煩悩の汚れなく、一切の事物の彼岸に達せられた(師)に
        おたずねするために、ここに来ました。
        無明を破ること、正しい理解による解脱、を説いてください。」

1106、師(ブッダ)は答えた、
        「ウダヤよ。愛欲と憂いとの両者を捨て去ること、
        沈んだ気持ちを除くこと、悔恨をやめること、

1107、平静な心がまえと念の清らかさ、
        ―――それらは真理に関する思索にもとづいて起こるものであるが、
        ―――これが、無明を破ること、正しい理解による解脱、であると、
        わたくしは説く。」


                  ~ 感謝・合掌 ~



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

浄心庵 長尾弘先生垂訓」カテゴリの最新記事