浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-07-16 23:52:24 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

       ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

   
           第五、 彼岸に至る道の章 

          13、学生バドラーヴダの質問

1101、バドラーヴダさんがたずねた、
        「執着の住所をすて、妄執を断ち、悩み動揺することなく、
        歓喜をすて、激流を乗り超え、すでに解脱し、はからいを捨てた
        賢明な(あなた)に切にお願いします。

1102、健き人よ。あなたのおことばを聞こうと希望して、
       多勢の人々が諸地方から集まってきましたが、竜(ブッダ)の
       おことばを聞いて、人々はここから立ち去るでしょう。
       かれらのために善く説明してやってください。
       あなたはこの理法をあるがままに知っておられるのですから。」

1103、師(ブッダ)は答えた、
       「バドラーヴダよ。上にも下にも横にでも中間にでも、執着する妄執を
       すっかり除き去れ。
       世の中の何ものに執着しても、それによって悪魔が人につきまとうに至る。

1104、それ故に、修行者は明らかに知って、よく気を付け、
       全世界においてなにものをも執してはならない。
       ―――死の領域に愛着を感じているこの人々を〈取る執着ある人々〉で
       あると観て。」


                 ~ 感謝・合掌 ~


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む