浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-03-30 00:03:54 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

        ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
               第四 八つの詩句の章 

            三、悪意についての八つの詩句

780、実に悪意をもって(他人を)誹る人々もいる。
      また他人から聞いたことを真実だと思って(他人を)誹る人々もいる。
      誹ることばが起こっても、聖者はそれに近づかない。
      だから聖者は何ごとについても心の荒むことがない。

781、欲にひかれ、好みにとらわれている人は、
      どうして自分の偏見を超えることができるだろうか。
      かれは、自ら完全であると思いなしている。
      かれは知るにまかせて語るであろう。

782、ひとから尋ねられたのではないのに、
      自分が戒律や道徳を守っていると言いふらす人は、
      自分で自分のことを言いふらすのであるから、
      かれは「下劣な人」である、と
      真理に達した人々は語る。



              ~ 感謝・合掌 ~
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む