浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2016-12-28 00:18:43 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

        ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~


               第三 大なる章 

                七、セーラ

先の続き・・・

そこでセーラ・バラモンは三百人の少年とともに師のおられるところに赴いた。
そのときセーラ・バラモンはそれらの少年たちに告げていった、
「きみたちは(急がずに)古俣に歩いて、響きを立てないで来なさい。
諸々の尊き師は獅子のように独り歩む者であり、近づきがたいからです。
そうしてわたしが〈道の人〉ゴータマと話しているときに、きみたちは途中でことばを
挿(さしはさ)んではならない。
きみたちはわたしの話が終わるのを待って。」
さてセーラ・バラモンは尊き師のおられるところに赴いた。
そこで、師に挨拶した。

喜ばしい、思い出の挨拶のことばを交わしたのち、かれは傍らに坐した。
それから、セーラ・バラモンは師の身に三十二の〈偉人の相〉があるかどうかを探した。
セーラ・バラモンは、師の身体に、ただ二つの相を除いて、三十二の偉人の相が殆ど具わっているのを見た。
ただ二つの〈偉人の相〉に関しては、〈それらがはたして師にあるかどうかを〉かれは
疑い惑い、(〈目覚めた人(ブッダ)〉であるということを)信用せず、信仰しなかった。
その二つとは体の膜の中におさめられた隠所と広長舌相とである。


                ~ 感謝・合掌 ~



ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む