浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-06-15 23:20:16 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

      ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
           第五、 彼岸に至る道の章 

                1、序

1009、かれらはすべて、それぞれ衆徒を率い、
       全世界に令名があり、瞑想を行い、瞑想を楽しむ者で、
       しっかりと落ち着いていて、前世に宿善を植えた人々であった。

1010、髪を結い羚羊皮(かもしかがわ)をまとったかれらは、
       すべてバーヴァリを礼し、またかれに右まわりの礼をして、
       北方に向かって出発した。

1011、ムラカの(首都)パティターナに入り、
       それから昔の〔都〕マーヒッサティへ、またウッジェーニー、
       ゴーナッダ、ヴェーディサへ、ヴァナサというところへ、


             ~ 感謝・合掌 ~

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む