浄心庵 長尾弘先生垂訓

八正道と作善止悪

「ブッダのことば」より。

2017-04-19 00:15:14 | 浄心庵 長尾弘先生垂訓

        ~ 恩師の御講演「ブッダのことば」より ~

    
               第四 八つの詩句の章 

                九、マーガンディヤ

838、マーガンディヤがいった、
       「聖者さま。あなたは考えて構成された偏見の定説を固執することなしに、
       〈内心の安らぎ〉ということをお説きになりますが、そのことわりを諸々の賢人は
       どのように説いておられるのでしょうか?」

839、師は答えた、マーガンディヤよ。
       『教義によって、学問によって、知識によって、戒律や道徳によって
       清らかなることはできる』とは、わたくしは説かない。
       『教義がなくても、学問がなくても、知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、
       清らかなることができる』、とも説かない。
       それらを捨て去って、固執することなく、こだわることなく、平安であって、
       迷いの生存を願ってはならぬ。
       (これが内心の平安である。)」

840、マーガンディヤがいった、
       「もしも、『教義によっても、学問によっても、知識によっても、戒律や道徳によっても
       清らかになることができない』と説き、また『教義がなくても、学問がなくても、
       知識がなくても、戒律や道徳を守らないでも、清らかになることができない』と
       説くのであれば、それはばかばかしい教えである、とわたくしは考えます。
       教義によって清らかになることができる、と或る人々は考えます。」


                  ~ 感謝・合掌 ~








ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ブッダのことば」より。 | トップ | 「ブッダのことば」より。 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む