yurineの部屋

庭の花・近所のお庭・公園をカメラを持って歩くのが大好きです。

ラベンダースティック

2017-07-16 10:28:25 | 日記

10年ほど前、テレビでラベンダースティックなるものに初めて出会いました。

札幌に行ったとき買えるかと探しましたがありません。

自分で作るしかないと、インターネットで検索したら、見つかったけれど

よくわからない。花が咲くのを待ちました。

ラベンダーの花を栽培している人を見つけ、仲間と頑張り楽しく作るようになりました。

毎年作っていますが、これは今年の分です。

花かごも作ってみました。

いつもは11本とか13本で作っていましたが、今年は17本に挑戦しました。

3ミリ幅のテープで編み込んでいきます。

素早く作らなければぽきぽき折れるのでこの3日間何もしないで夢中で作りました。

少しもんでやるといつまでも香りがします。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多肉植物の花 | トップ | ラベンダースティックの作成... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは。 (ダフネ)
2017-07-16 14:09:14
ラベンダーの調達からのハンドメイド、
しかも毎年作られているなんて素晴らしいです♪
作業中もラベンダーの香りで
リラックスモードに包まれるのでしょうね^^
本数は奇数にまとめる、と聞いたことがあるのですが、なにかワケがあるのかしら?(・。・)
Unknown (yurine)
2017-07-16 21:22:54
ダフネさん こんばんは
ラベンダーは大好きな花で、スティックは必ず作っています。
花の付け根のところで縛り、茎を折って花にかぶせ、首元をしばったリボンで茎を交互に織っていきます。なので奇数本でなければぐるぐる回ってしまうでしょう。
急いで曲げなければ折れてしまうから大急ぎで仕事しました。
素敵ですね! (さざんか)
2017-07-17 09:29:22
yurineさん、おはようございます。
gooでは初めてのコメントでしょうか。
宜しくお願い致します。
ラベンダースティックという物を初めて知りました。
編み込んだところがとても綺麗ですね。
作り方を読んだけれど、難しそうです。
茎を折って花に被せるということは、編んだ部分に花が入っているのでしょうか。
いまいちよく分かりませんが、折れそうな茎を編み込んで行くのは大変そうですね。
でも「好きこそ物も上手なれ」で素晴らしい出来栄えです。
花かごみたいな穂も素敵ですね。
お部屋に置いて飾るのですか?
こちらまで香りが漂って来そうです。
素敵な物を見せて頂いて有難うございました。
おはようございます♪ (フルール)
2017-07-17 09:52:39
早速youtubeで作り方をみてみました♪
根気が要りそうです。 笑
yurineさん、器用、お上手ですね。
プレゼントにも喜ばれそうです。
すばらしい~  ♪ (稲穂)
2017-07-17 16:12:54
初めて知りました。 こうやってスティックにしておくと、飾りとしてもいいし、香りも長く楽しめていいですね~
プレゼントなんかに最高でしょうね。 (*^_^*)
ラベンダースティック (yurine)
2017-07-17 20:38:35
稲穂さん こんばんは
可愛いスティックでしょう。
南仏では「幸せの香りサシェ」というそうです。友達にあげたいけれど短い時間で作らなければいけないのであまりたくさん作れないのです。それが残念なところです。
畑で刈ってから3日ですもの。
花かご (yurine)
2017-07-17 22:17:12
さざんかさん こんばんは
こちらこそよろしくお願いいたします。
スティック用のラベンダーは品種が違うようで、穂が大きく蕾のうちに摘み取るのだそうです。
最後の一つ、作りかけがありますのでのせてみます。
3本並んでいる写真と壁にかけている花かご。これもいろいろ苦労して、今年の作品は花屋さんで緑の針金を買ってきました。
好きなのですよね。今しかできないから。
スティック (yurine)
2017-07-17 22:20:49
フルールさん こんばんは
今はyoutubeで見ることができますが、初めて調べたときは言葉と写真だけでした。
それも、花がないから針金で説明しますといわれますますわからなかった。
最後の一つ、作りかけがありますので写真を載せてみます。是非見てください。
今しかできないので頑張っています。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。