花師のここだけの話し

花師がお届けする熱い想い。気ままに気まぐれに、ぼちぼち更新。ええ塩梅でお届けします。

花はただ咲くから美しい

2017-05-05 23:49:00 | Weblog


赤と言えば…
赤い彗星のシャア。
そして力道山を破った赤いサソリことタム・ライス。
新緑の季節5月だと、「赤いスイートピー」…
は、花屋業界を変えた松本隆さんが書いた、松田聖子のヒット曲であり、5月は赤は赤でも「赤いカーネーション」。
母の象徴と言われる聖母マリアが流した涙が、土に落ちて咲いた花が「赤いカーネーション」であり、母の日に贈られる花となったと…言い伝えられている。のだが、嘘か本当かは確実調査!

ゴールデンウィーク真っ只中の子供の日。
庄やさんはあいも変わらずの繁盛っぷりで、お客様を迎えるには、赤いカーネーションが丁度いい!
母の日も来週に迫り、花屋だけではなく、様々な業界は母の日のビッグイベントに向け、強烈な客の争奪戦となっている。
なってはいるが…

花にはそんな事なんて関係ない!

ただただそこに美しく咲き誇るだけ。
それが人の心を癒すのだろう。
人間は邪な想いが強過ぎて、押さえきれない欲望が渦巻くから情けない。
花のように、ただそこに咲くだけでいいのに。と思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忙しい中での同窓会! | トップ | 5月のレッスン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事