花咲爺やの気まぐれ通信

日々の出来事を き・ま・ぐ・れ・に発信

10月13日から始まったScratch講座の、第5回目が昨日開催されましたので・・・

2017年11月18日 | パソコン関係



10月13日から始まった「スクラッチで学ぶプログラミング・初心者編」の講座が昨日開催され
この講座も既に第5回目を迎え、残すところ後1回でこの講座が終了と成ってしまいますが・・・



第5回目の昨日は「線を引く」勉強から始まり、最初は三角形を描く事に成りましたが
講師の説明通りに、線の色や太さを指定してプログラミングを行って
三角形は上手く描けたものの、線を描く「鉛筆」のスプライトが表示されなかったので
講師にお聞きして、見た目の中に有ります「表示する」スクリプトを
プログラミングの中の「緑の旗がクリックされた時」の下に付け加えると
スプライトの「鉛筆」が、上手く表示される様に成り・・・



次に「鉛筆」から「矢印」へスプライトを変更した後に、内角の和は180度で有る事を
頭の中に入れてから、「角度」のスプリクトを使って
星形を描く、プログラミングを作成したり・・・



x座標とY座標の交点を中心にして、スプライトを「猫」に線を赤色に変更して
円を描くプログラミングを作成したり・・・



「多角形の辺の数×回す角度=360度」で有る事を頭に入れて置いて
正六角形を書く事に成り、回す角度を計算すると60度に成りましたので
「60℃に傾ける」や「60度に回す」、「6回繰り返す」等のスクリプトを使用して
プログラミングを作成してから、試しにプログラムを動かしてみると
X座標とY座標の交点を中心とした、正六角形が描けたのでほっとしましたが・・・



昨日の講座の最後には数字の0~9迄のコスチュームを使用して
二桁の数字がランダムに表示される「スロットマシーン」のプログラムを作成する事に成り
初めて「0~9までの乱数」のスクリプトを使用してプログラミングしましたが
「スロットマシーン」を動かす為には、1回ずつ「緑の旗」をクリックする必要が有ったので
「30回繰り返す」と「0.5秒待つ」のスクリプトを付け加えて、「緑の旗」をクリックすると
「スロットマシーン」が自動的に30回動いて結果を表示する様にプログラムを変更し
プログラムを動かして確認すると上手く動きましたが、ここで講座の終了時間と成り
出来ればプログラムを追加して、ぞろ目が出たら「大当たり」の表示が出て
「ファンファーレの音」が出る様に、プログラミングが出来れば良いのですが・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本国内でも珍しい、中空重... | トップ | 5回目の「Scratch講座」を受... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パソコン関係」カテゴリの最新記事