山野はなめぐり2

山や万博公園で撮影した花や景色などの写真です。

キセワタ

2009-08-31 17:23:28 | 花紀行

P1060165 キセワタ(着せ綿)

シソ科メハジキ属

草丈:60~100cm

花径:2.5~3cm

山地の草原に生え、花は葉の付け根に輪生する。

花の終わり頃に白い毛が花を覆ってくることが名前の由来です。

撮影場所:京都府立植物園

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

一つだけ咲きました

2009-08-31 17:14:28 | インポート

Dsc00250 ホテイアオイ(布袋葵)

ミズアオイ科ホテイアオイ属

草丈:20~30cm

花径:3~5cm

熱帯アメリカ原産の帰化植物で綺麗な花ですが、用水路などの害草となるので問題視されています。

今年は天気が悪かったせいかこの花が殆ど咲きませんでした。スイタクワイの所に一つだけ咲いていました。

撮影場所:万博公園日本庭園水性花壇

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山の花

2009-08-31 17:05:00 | 山野紀行

P1050635

P1050646 8月24日に行きました金剛山の花です。

上の写真はフシグロセンノウ(節黒仙翁)

左の花はカリガネソウ(雁草)

下の写真はヤマジノホトトギス(山路の杜鵑)

撮影場所:金剛山

P1050666

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

シロシキブ

2009-08-30 15:43:02 | 万博公園他

P1050804 シロシキブ(白式部) クマツヅラ科ムラサキシキブ属

白色の実のなるムラサキシキブの一種で、コムラサキの白色です。

この実は白色なので直ぐに汚れや傷が目立ちますので早めに撮影しました。

撮影場所:万博公園自然文化園春の泉

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

秋の野草(現の証拠)

2009-08-30 15:31:57 | インポート

Dsc_7403 ゲンノショウコ(現の証拠) フウロソウ科フウロソウ属

山道を歩いていてこの花を見つけますと、まだ暑い時でも秋が来たなと思います。

写真の白色は主に東日本に多いです。

Dsc_7485 赤い色は主に西日本に多いです。でも関西の山では両方(やや赤が多い)見られます。

P1050103 時には薄いピンクの花もあります。

撮影場所:六甲山(今回は六甲山の山道で撮影したものです)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

カリンの実

2009-08-30 15:20:30 | 万博公園他

P1060082 カリン(花梨)

バラ科ボケ属

果実が大きくなってきました。

もう少し立つとよい香りの果実になります。

熟れますと生では食べられませんが、ジャムや果実酒に利用され、乾燥したものは咳止めに効き、のど飴などに使われています。

撮影場所:万博公園自然文化園世界の森

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

クマノミズキの実

2009-08-29 16:37:58 | 万博公園他

P1060032 クマノミズキ(熊野水木) ミズキ科ミズキ属

この木の果実の付き方は、珊瑚状の枝に付きますのでよく目立ちます。果実は黒く熟しますが、鳥に食べられるのか数が減っていて、黒くなるまで待てずに撮影しました。

撮影場所:万博公園自然文化園自然観察学習館裏

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

雄宝香

2009-08-29 16:30:33 | 山野紀行

P1050720

P1050754 オタカラコウ(雄宝香)

キク科メタカラコウ属

草丈:1~2m

花径:4~5cm

山の沢沿いの水辺など湿った所に生育。

タカラコウとは防虫剤や香料にされる竜脳香のことで、根の香りに由来します。別にメタカラコウがあり、比べると大きくて力強いので「雄」が付きました。

まだ咲き始めですが大きくて目立つ花です。

撮影場所:金剛山

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

アオツヅラフジ

2009-08-29 16:19:44 | インポート

P1060106a アオツヅラフジ ツヅラフジ科アオツヅラフジ属

蔓植物でさほど伸びずに、花は数ミリで小さく目立たない植物です。別名は「カミエビ」と言い、カミは青い果実の表面に白い粉が吹きこれをカビと見なした。エビはブドウの古名です。 

P1060109a またエビヅルの果実に似ていて薬効があるので神のエビヅルからきたとの説もあります。昨年から何の花か解らなかったけインターネットで検索してやっと名前が解りましたが、さほど珍しい植物ではなく、どこでも生えるようです。

撮影場所:万博公園日本庭園入り口付近

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オオバナノエンレイソウ

2009-08-28 18:08:20 | 花散歩

P1050970 オオバナノエンレイソウ(大花の延齢草) ユリ科エンレイソウ属

本来は本州北部や北海道の林内に5月に生える花ですが、「咲くやこの花館」では冷房が効いていて、温度管理が出来ますので、この時期に咲かすことが出来ます。

撮影場所:鶴見緑地公園咲くやこの花館

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加