山野はなめぐり2

山や万博公園で撮影した花や景色などの写真です。

アリドオシの花

2017-05-18 06:46:46 | 樹木の花

山野の林の乾燥したところに自生する常緑広葉低木で枝には長さが1~2cmの針のようなトゲがあります。
アリドオシ(蟻通し) 別名:イチリョウ(一両) アカネ科アリドオシ属 樹高:20~60cm 

果実は5~6mmで5月頃まで枝に残っていることがあり、花と果実両方が見られることがあります。
撮影場所:京都府立植物園
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クロユリ | トップ | ミヤマオダマキ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kazuyoo60)
2017-05-18 12:10:22
アリドオシが縁起物になった理由は、花と実が一緒というのもかなと、勝手な想像をしています。かなり強い棘ですね。
Unknown (花めぐり)
2017-05-18 20:39:46
kazuyoo60さん、有り難うございます。
花は終わりかけていましたが、その内良い花を探して撮影しました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む