離れ人ママキの、奇妙な放浪と生活。

現実と非現実が錯綜し入り混じる。狂気と妄想のカレイドスコープ。

ドラックストアショウへ行ってみた。

2017-03-19 17:01:02 | 日記


幕張メッセでやっていた日本ドラックストアショウを見てきた。

ドラックストアとホームセンターそれに大型スーパーで人生には何が必要かを学んできた。ドラックストアに一時間いれば、学校に1日いるよりも多くの事を学べるであろう。とりあえずシャンプーについては詳しくなる。
それにしても、シャンプーだけで何種類あるのだろうか?ここに出展されているだけでも相当な数だけど、それでも全体の一部に過ぎない。よく知っているけど、ここには見当たらないブランドなんかいくつもあった。モノが小さい分、種類が多い。
だいたい化粧品とその関連商品が中心だけど、他にもサプリメント、洗剤、介護、薬、防虫剤、食品、これまた実にいろいろ
食品ではグリコのグラノーラが目立っていた。アサヒのヘルシースナックも出ている。明治は乳酸菌入りチョコレートに力を入れているようだ。アーモンド効果は飲料以外にも、新たな商品展開を始めた。青汁関係の商品も新規参入組が増えた。酵素食品も人気、今回は酵素プラス水素水で売り出している。シャンプーやボディソープはオーガニック ボタニカル関連のブースが派手。農薬や化学肥料を極力使わず有機栽培した植物を原料にしていることを謳っている。男性用シャンプーも種類を増やしている。もちろんUVケアやアンチエイジングにも新商品が出ている。

こんなことを言っていたらきりが無い。会場内では長蛇の列がいくつもできている。みんなの目当てはサンプル商品、ほとんどのブースで配っている。中には千円相当のサンプル商品を出しているブースもあるらしい。ブースからブースへと駆け回り、会場の入り口でタダで持っていけるドラックストアショウのロゴが入った紙袋がぱんぱんにならぐらい掻き集めている。


中国メディアも来ていた。胸に報道のプレートをぶら下げた小柄な女性が、スマホで動画を撮りながら中国語でレポートしていた。商談で来ている業界関係者もかなりいるみたいだ。此処は一般の人にも開放しているけど、本当はビジネスの場のようだ。関係の無い人は、一般と書かれたシールを目立つように、何処かに貼る事になっている。紛らわしいからだろう。

あまり見ている人は居ないのだけど、ドラックストの歴史、現状、今後の展開などをレポートした展示パネルがあった。
ドラックストアは今後、店舗の中に検体検査コーナーを設置していくつもりのようだ。つまり、店舗の中で簡単な健康診断が出来るようにする。血圧を測り血液検査も出来る設備と人員を配置して、希望すれば誰でも、すぐに安価な検査を受けられるようにする。その結果を踏まえたうえで、適切な商品をピックアップ。おすすめ販売していく様にしたいようだ。

これは、すごくいいプランだと思う。
前から思っていたのだけど、一年に一度の本格的な健康診断よりも、3週間に一度くらいのペースで健康検査をした方が絶対いい。そこで何か気になる兆候が現れた時に初めて、本格的な健康診断を受けるようにした方が合理的なはず。
ドラックストアで、安価でスピィディな健康検査。その結果をデータ化して人工知能で診断。まずい兆候が現れたらスマホにメールでお知らせ。アドバイスを受けたり、適切な商品情報を提供してくれる。将来的にはそんなサービスを考えているのかも。ただ、今のところ医療機関との兼合いとか法的問題などがあって、あまり計画は進んでいないらしい。

いろいろな展開と波及が期待出来る。大きなビジネスになりそうだ。ぜひ、頑張って実現してほしい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 アサシンクリード 闇の... | トップ | 下総中山に、T型フォードを見... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。