離れ人ママキの、奇妙な放浪と生活。

現実と非現実が錯綜し入り混じる。狂気と妄想のカレイドスコープ。

フリーザーもいいねと言った。再生ビンテージ家具

2017-07-16 15:58:30 | 日記


今日は暑かった。最高気温は35度近くまで上がったらしい。冷房の効いた部屋で、ジッとしていたいところだったけど、大人の事情でそうもいかず、疲れ気味の身体と心を引きずって外出した。



用事も済んで、高速道路の下の橋の上でぼんやりと佇んでいた。
いい感じの風が吹き抜けて行くんだ。しばらく休んでいたら、寄り道して行こうという気分になった。
ここから、そう遠くない所に市川リサイクルプラザがある。そこはまだ行ったことがない。



ここでは、不用品として持ち込まれた家具や雑貨を再生して安く販売しているのだ。とても目立たない建物なので、最初どこから入っていいのか分からなかった。
ごみ収集車の駐車場から入ってしまい、入口はアチラという手書きの張り紙を頼りに行くと駐輪場があったので、そこに自転車を置き、入口はコチラという張り紙をあてに進むと入口が見つかった。建物を一周してしまったようだ。
建物の中には土足のまま入ってもいい。でも、それに気づいたのは帰るとき。僕は履いていた靴を脱ぎ、誰かのスリッパを履いて入って行った。



広くはない。10平方メートルもないと思う。売られている物の品数も大してない。ガレージセールをひとまわり大きくした程度かな。
少し古い重厚な感じの家具が目を惹く。ビンテージ家具と言ってもいいんじゃないかな。値段は一番高いものでも、8000円。ほとんどの品は5000円以下。がっしりしたローテーブルなんか1000円。
ワンコインならぬワンペーパーだ。
この日来ていたお客さんは、僕以外では60代の男性が一人だけ。職員の対応はとっても丁寧で親切。



この黒光りしている重厚な洋服ダンスが、一番の高価格品、8000なり。



この食器棚は7000円。



こちらの籐の椅子なんか1000円。この日は、籐の家具が他にもいくつかあった。



少し色あせていたけど、作りはとてもしっかりしていた。引き出しもスムーズに動く。リメイクしたら、もっといい感じになりそう。



なかなか味があるでしょう。これが2000円。



こちらが、ちょっとお高くなりまして8000円になります。



折りたたみベッドは、どこがどう動くのか分からないけど、電動式が5500円。
自分で広げるタイプが3500円。

しかし、今日の目玉商品はコレ。



フリーザーの宇宙船。700円。
箱付きの美品。早い者勝ちダァ❗️

僕が、買ったのはコレ。



ハンドメイドの灰皿。メードインオーストリア🇦🇹。100円だよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリーンスパ市川に行って見た | トップ |  宿題も通信簿も無い夏休み »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。