離れ人ママキの、奇妙な放浪と生活。

現実と非現実が錯綜し入り混じる。狂気と妄想のカレイドスコープ。

雨のバラ園は、それでも混んでいた

2017-05-14 18:33:13 | 日記


谷津バラ園に行ってきた。天気は曇り、朝のうちは小雨もぱらついていた。谷津バラ園は京成バラ園に比べるとこじんまりしたところ、天気もイマイチ、それほど人は来ていないんじゃ無いかと思っていたら、とんでもない近くの公園に作られた臨時の駐車場までいっぱい、観光バスまで数台来ていた。

バラの開花率は60パーセントだとか。入場料は、この時期ちょっと高くて370円。
稼ぎどきだからね。



入園して、ちょっとガッカリしたのは、一番見たかったスーパースターという品種が全く咲いてなかったこと。
輝くような朱色、花は大きく、でも大きすぎることも無く、形も整っている。
凛として、顔を上げている様子は、まさにマイクの前に立つ歌姫のようだ。
遠くからでも、よく目につく派手で華やかな花だ。一度見たら忘れられない。
バラという言葉を聞くと、真っ先にこの花のビジョンが浮かんでくる。

前日に強い雨が降っていたせいだろう、ダメージを受けた花が多かった。
それでも園内は賑やか。大きな一眼レフカメラを持ってバラの写真を撮っている人がかなりいた。
モデルの撮影会もやっていた。モデルさんは清純派系。おとなしそうな感じの子だった。ちょっとフツーぽいなと思ったけど、カメラマン達は高齢な人が多く、彼らにしてみれば、グラビアアイドルみたいな子よりも、孫娘みたいな子の方がいいのかも、
コスプレ族はいなかったな。いてもおかしく無いはずなのに、平日に来ているのかもしれない。



小さなバラ園と言われているけど、そんなに狭い感じはしない。じっくり見ていたら半日ぐらいすぐ経ってしまう。



園内での飲食は不可。でもバラ園の外ではバラ関係の物産が売っている。
バラプリンとか、バラのソフトクリームとか、バラ園の外は公園になっていて、そこでレジャーシートを広げている人達が何組かいた。天気が良かったらもっといたと思う。



帰りに、小さな美味しい発見。駅の自販機に初めて見る缶入り飲料があった。
伊藤園のゴマミルク。
きな粉にゴマの粉末を混ぜた物が、袋詰めされて売っている。たまに牛乳に入れて飲むことがある。人によって好き嫌いが分かれるかもしれないけど、僕は美味しいと思っている。作られた物が売っているのは初めて見た。自販機限定だろうか?最近は駅構内限定というのもある。

珍しいものには弱い。さっそく購入して飲んでみた。

ウン、美味しい。
アーモンド効果よりも好きかも。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつも見ていた真間川水門 | トップ |  白蛇は人に寄り添うことを... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。