輪工房の店長は今日も遊んでます。

詳しくは、ホームページ http://www.japanMTB.com/

集団でロングツーリング 車の多い一般道では

2017-01-30 19:25:01 | アクセサリー

輪工房の初心者ロードや、年に数回のロングライドイベントは、10名以上 時には30名以上が参加します
もちろんルートは選びますが、どうしても長くなれば、国道、県道などの一般道で、車が多い区間も通ります
そんなときに気をつけているのは、車から身を守ること
それは1列で走っていれば良い訳でもなく
路肩すれすれを走ることでもなく
そして車の流れに乗るということでもない
車の走りを ひどく妨げない ように、工夫して走る
車が、自転車の集団を抜いていきやすい状態を、少しでも作ること だと思います


4台ルールと言っておりますが
前に4台のメンバーがいたら、その後ろは20~50mの距離をとって走る 
順次この方法で、4台以上の長さにならないということ


自転車4台+車間距離で、約10mの長さになります (10トントラック1台くらい?)
この距離が、対向車を気にしながら、車が自転車をさっと抜いていける距離だと感じています
列の間を空けておけば、そこに車はよけることで、対向車を交わせる事になります
その区間がなければ、抜かしきれないうちに、対向車が来れば幅寄せされて、危険度は高まります

5台では少し多く、抜かしきる前に、対向車をよけた車に、ギリギリ幅寄せされる形になることが増えます
自分ではそう感じるので、4台までにしました

曲がり角で一番先頭のグループが、最後尾を待てば、道に迷うことなく走り続けられますよね

このルールは、去年のツールド草加のイベントでも、覚えてもらいましたが、頭に残っているかな~?

車が後ろに来たときに、気負ってペースを上げる必要もなく、路肩にぎりぎりによけることは、かえって危険です
自転車を車がパスして行きやすい状態を作ること
これが安全につながると思います

初心者ロードに参加される方、ロングライドイベントに参加される方は
一般道で車が増えたなと思ったら、この4台ルールすぐに実践してくださいね
また、グループライドをする機会が多い方も、4台以内 5人なら3台2台 7人なら4台3台 お試しください
車からのプレッシャー 少しは軽くなるかも?

ありがとうございます、ブログランキング2017年も応援願いますw
       
更に応援お願いします
          人気ブログランキングへ


フィッティングのご予約は、ホームページから
お待ちしております






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2台目のROAD BIKE | トップ | 寒くてもMTB 日曜日は30名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アクセサリー」カテゴリの最新記事