現代版徒然草素描

勝手気ままに感じたままを綴ってみましょう。

「硬軟を 混ぜてゆかしき 日の本の 知恵ぞいずこに 咲かせ見せるや」

2017-04-21 18:55:29 | 日記

おそらく、日の本のdnaなら華昇りできるでしょうけど、何処に咲かすのかと問われているらしい。

「歴史はそれを謙虚に学ぶ人たちのためにあるって、だれかが言っていなかったけ、・・。」

「なぁ。何で歪曲しなくちゃならないのだ」と聞かれた。

「相手゛ン手ティーがなくなっちゃうことになっちゃうじゃないのかなぁ」「ほどほど、手品的手法には参った」

「手を変えて 品を変えつつ 行く道も いずれボロ出す ことにはなれど」

「そろそろ独り立ちしてもいいころなんだが、・・・。」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マトリックス成分を完璧にし... | トップ | 「納豆ってなんでコーテイグ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。