現代版徒然草素描

勝手気ままに感じたままを綴ってみましょう。

ナツメの保存方法と薬餌メニューの紹介。

2016-10-12 15:08:39 | 日記
収穫したナツメは良く洗って、四日ほど干しましょう。 次に蒸します。また干しとおきますと長く持ちます。



飲ん平に進める薬餌メニューは次の要領で

鶏のぶつ切り骨と皮つき(骨皮筋衛門仕様)200グラム、
カワラヨモギ(薬名、因陳、因陳五苓散に処方されています。河原にはえています。単体では相当苦い。)の花穂または若芽の茎、葉、無い場合は漢方薬局さんにあります。10グラム。(干し葉換算です。)
五合の水が半量になるまで煮る。(ここで中身を除いてスープだけにしてもよい。ぶつ切りの鶏肉はつまみに)

ひとつまみのナツメをくわえて弱火で三十分ほど煮る。

適当にしお、黒粒胡椒を振る。一日量です。二回に分けてのむ。

煮たナツメはいただきましょう。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真田丸は数の劣勢を地の利と... | トップ | 名月も 栗にや似せて 十三夜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。