現代版徒然草素描

勝手気ままに感じたままを綴ってみましょう。

納豆を携帯するっ手どういうこと

2016-10-14 17:19:12 | 日記
「納豆に片栗粉をまぶしてフライパンで炒るのです。それを容器に入れておいておやつがわりにいただくことですな。骨粗鬆症がと言われていましたので言い出したことですが、・・・。」

「あぁ、それで」

「片栗粉に最低でもシイタケ微粉末は混ぜておきましょう」

「なんで」

「ビタミンd2、k2処方になりますね。お断りしておかないといけないことがあります。旦那さんには食べさせないでいただけますか」

「どうして」

「お医者さんからワーファリンを処方されているでしょう」

「それで」

「欲をいえばある魚の乾燥微粉末と凍み豆腐の粉末も混ぜましょう。かねぇ、これで兼備わるでしょう」

「年金生活者に、お金なんかそろうはずないじゃない」

「病まないことが最大の節約術でしょう」





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名月も 栗にや似せて 十三夜 | トップ | 知り合いがディサービスに行... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。