母はふるさとの風

今は忘れられた美しい日本の言葉の響き、リズミカルな抒情詩は味わえば結構楽しい。 
ここはささやかな、ポエムの部屋です。

時間

2017年07月11日 | Weblog
旅の街は砂の中だった
さらさらさら と 頭上からは
足下に砂が落ち続けていた

窟は初夏のオアシスの
清潔な木立に囲まれ 埋もれ
壊れやすい宝の小箱のように護られながら
健気に忍び寄る砂漠の中に立っていた

壁画の線色は蒼く
時は密かにも澱み
訪れる人間の数を数えながら
仏陀は途方も泣く長い時間をいまも過ごされていた

緑したたる私たちの島で
紫陽花は青く
梅素麺を食せば
天山山脈は南アルプスの褶曲と重なり
銀色の翼の向こう
乾大陸の夥しい先人の足跡
故城の土塁も壁も伝説の燃える赤い山も
此処にもささやかに積もる時間の中
しずかにしずかに
アルバムの中に眠ってゆくのだった
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨降る季節 | トップ | 雨に打たれる蒟蒻の葉 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。