母はふるさとの風

今は忘れられた美しい日本の言葉の響き、リズミカルな抒情詩は味わえば結構楽しい。 
ここはささやかな、ポエムの部屋です。

わたしのペギー

2017年04月21日 | Weblog
ドミノ を歌ったペギー

南国 を歌ったペギー

ドレミ を歌ったペギー

はなやかな笑顔 美しいドレス

その姿に歌にいつも明るい気持ちになり

大人になったらこうありたいと思わせられ

綺麗な墨文字に感動してきたあこがれの人 ペギー

代々木のチャリテイでは聴衆をリードした母のような

歌の天使 ペギー

桜吹雪の中をにっこり笑い ドレスの裾翻し

青い春の空に昇っていった愛する ペギー


子供のころからずっとずっと

聴いてきた健康で明るい貴女の歌

時の流れに逆らわずに涙をこらえしばしの「別れ」は素直に受け入れ

わたしの「人生」をまた当分続けてゆこう

ペギー葉山

あなたの歌とともに
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白い花の咲くころ | トップ | わたしの冬菜は »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たにむらこうせつ)
2017-04-25 16:30:53
ペギー葉山さん 子供の頃から知っていました。
また惜しい人が亡くなりましたね。
ご冥福をお祈りいたします。
みんなのブログからきました。
ペギー葉山さん (はな)
2017-04-25 22:08:18
そうですね、亡くなるのがいきなりで混乱しました。

昭和の歌手さんは多くが、正統派が多く、若いときから品格もありました。(合掌)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。