母はふるさとの風

今は忘れられた美しい日本の言葉の響き、リズミカルな抒情詩は味わえば結構楽しい。 
ここはささやかな、ポエムの部屋です。

わたしの冬菜は

2017年04月25日 | 花(春)
わたしの冬菜は春が来ると

すっくと伸びて黄色い花を明かりのように咲かせた

わたしの冬菜は秋に蒔き

厳冬期には緑色に生いそろい

朝の食卓にいつも乗ったかりかりベーコンをトッピングして

わたしの冬菜は優れもので

摘んでも摘んでもへこたれず

寒い朝ほどきりりと葉っぱを広げ

とても頼もしい友達でもあった


季節が変わると冬菜はなんだかのんびりし出して

一斉に沢山の黄色い菜の花になってしまった

健気な葉っぱも寒さをすぎるとただの菜の花

青い花瓶に香る花を集め飾ると

リズムを取るように話し合うように黄色が広がり

すまし汁に花菜を一本浮かべるとやはり健気な

わたしの可愛い冬菜でした
『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わたしのペギー | トップ | アサリの夢 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (熊子の百葉箱)
2017-04-29 11:11:21
おはようございます。
秋に蒔くのですね(#^^#)熊子はせっかちなので
秋に入る前に蒔いてました。
確かに摘んでも大丈夫、万能な食材。
菜の花になっても、来年になるとまた小さいけれど目を出して、もう小さいから摘まないけど、また同じように菜の花になってるんですよね(笑)
花菜 (はな)
2017-04-29 23:11:40
10月上旬に蒔くといいですが、寒い11月になると遅いようです。 草の生育は季節が難しいですね。

春は一斉に色色な青菜が花開きますが、
お花もまた、飾ったり出来ていいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

花(春)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。