れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ヒメジョオン(姫女苑)

2017-06-14 06:21:24 | 野の花日記

ヒメジョオン(姫女苑)
<キク科ムカシヨモギ属>

草地や畑、道端によく生える北アメリカ原産の
帰化植物。
初夏に咲き始める。


よく似たハルジョオンに遅れて咲く。
細くしっかりした茎の中は白い髄が詰まって、
ストローのように空洞のハルジョオンと区別がつく。



ロゼッタ葉で冬を越すが花の時期には
根生葉は枯れる。



上部の葉の先はとがり、基部は茎を抱かない。
径2センチほどの頭花は白色から薄紫だが、
白色が多い。
観察会の方から姫(ヒメジョオン)は頭を垂れないと、
教わった(笑)。

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウツボグサ(靭草) | トップ | クマヤナギ(熊柳) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
姫は、気位が高いですからね。 (なずな)
2017-06-14 20:18:03
れんげさん こんばんは。
今回は、馴染みの草花を取り上げて頂いて、どうも有難う。
ヒメジョオンは、こちらでも、草原などにいっぱい生えています。
場所によっては、すごく草丈が高くなっているのもあります。
まだ、開く前の、蕾なんかが、頭を下げないんですね。
ハルジオンは、頭を下げていますものね。
いいこと教えてもらいました。これで、わたしも間違えないですみます。有難う。
姫は頭を下げない(^^♪ (れんげ)
2017-06-14 23:51:20
なずなさん
こんばんわ(=^・^=)
そうね。
私も忘れない言葉を教えて頂いたのよね。
来てくれてありがとう♪
おやすみなさい~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL