れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ヤブイチゲ(藪一華)

2017-05-19 05:46:35 | 野の花日記

ヤブイチゲ(藪一華)
<キンポウゲ科イチリンソウ属>

アネモネ・ネモローサと言う園芸品なのだ。
信州の自然園の入り口によく育っていた。
でも・これが園芸品であるのなら・
自然園には植えない方がいいと私は思った。

係りの人が、この花はいじめるとよく
育つと言ってたくさん栽培していたが・。


日本の一輪草や二輪草にも変種が多く
三輪草や八重咲などが見られるけれど、
これは本来のものの雄しべや雌しべが弁化したものだが、
赤塚植物園の野草園にも植えてある。
園芸品と本来の日本固有のものとごちゃまぜにしないでほしいが、
花は花で綺麗で可愛いので矛盾する。

ジャンル:
植物
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナヤエムグラ(花八重葎) | トップ | コバノズイナ(小葉髄菜) »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤブイチゲ (なずな)
2017-05-19 20:44:09
れんげさん こんばんは。
ヤブイチゲと名前だけ聞くと、野草の花のように思うけど、日本では、園芸種なのね。
自然園や野草園に植えられていても、周りの自然に合っているのでしょう。
でも、野草と園芸種の花は区別して欲しいです。
それにしても、可憐で可愛い花ですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL