れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ヤブガラシ(藪枯)

2017-07-14 06:30:13 | 野の花日記

ヤブガラシ(藪枯)
<ブドウ科ヤブガラシ属>

藪のような場所に繁茂し、
他の植物に絡まって枯らすほどなので、
この名がある。


つる性で、巻きひげを伸ばしほかの植物に
覆いかぶさる。



ヤブカラシの花は花盤の上に蜜が分泌されるので、
蜜を求めて色々な昆虫がやってくる。



橙色の花盤はシンプルな構造で、
蜜が分泌される。
葉は5枚の小葉からなる複葉で、
柄がある。



花は径5ミリほどで、
果実は黒く熟す。


ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤマユリ(山百合) | トップ | ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヤブガラシ (なずな)
2017-07-14 19:49:52
れんげさん こんばんは。
ヤブガラシは、庭や畑にすぐに生えてきて、蔓延るので、困りものです。
花弁はすぐに落ちてしまうので、開いた所を撮るには朝がいいかも・・。
花盤から蜜が滲みだしてきて、ピンクいろに変わってきますね。
こちらでも、蜂や蝶、コガネなどがよく集まってきます。
ヤブガラシ (れんげ)
2017-07-14 21:50:34
なずなさん
ヤブガラシ、私はそんなに注意深く見ていないと思う。
開いたところは朝なの?
明日、朝のワンコとのお散歩でよく見てみますね。
花盤から蜜が沁み出すの?わ!見てみたい!
知らなかったわ。
なずなさんはさすが!
観察眼が違う!明日の朝、探してお散歩してみてきま~す♪ありがとう~
そんなことを教えてくれる人なんて!なずなさんに出会えてよかった!
また、色々教えてくださいね。
うんうん。小学校の頃のヤブガラシには、アオスジアゲハが羽をパタつかせて蜜を吸っていたのを思い出すわ。この頃は、アオスジアゲハ、見かけないわね。
明日、早起きするね(=^・^=)

コメントを投稿

野の花日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL