れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ハゼラン(爆蘭)

2017-07-16 06:15:15 | 野の花日記

ハゼラン(爆蘭)
<ハゼラン科>

西インド諸島の原産の帰化植物で、
一年草草本。
都会の空き地などにも、よく見られる。


茎は円柱形でまばらに分岐して、
高さ80センチほどになる。



葉は先のとがった倒卵形、やや多肉質で
近接して互生する。


夏から秋にかけて茎の上部に
細かく円錐形の花序をだし、
径6ミリほどの紫色の5弁花をつける。


花は午前中は萎む。
初めて見つけた時はサンジソウ(三時草)と
教わったほどで、午後から咲きだす。
果実は径4ミリほどの球形。



ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸) | トップ | コマツナギ(駒繋) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ハゼラン (なずな)
2017-07-16 19:29:30
れんげさん こんばんは。
ハゼラン、可愛いお花ですね。綺麗に撮っておかれますね。
待っていると、なかなか咲かないで、やっと咲いたとおもったら、ゆらゆら揺れて
撮るのに苦労したことを思い出しました。
http://blog.goo.ne.jp/kanamori_izumi184/d/20120910
http://blog.goo.ne.jp/kanamori_izumi184/d/20130921
ハゼラン (れんげ)
2017-07-17 06:22:54
なずなさん
近くの方が土地を売られて引っ越し、
更地になったところに、ハゼランが咲いていたのです。
なずなさんのハゼランのブログ、見せて頂きました。
画像が綺麗で、きちんとアツプされていてとても見やすいです。
ありがとう。
私はいつもつでに写真を撮るので、
いい加減ですよ。
花の名前や特徴を自分で解ればいいと言う感じで、
皆さんに公開するようなものじゃありませんが、
この分ではこの調子が続きますね(笑)
いつも、ありがとう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL