れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)

2017-07-15 08:49:54 | 野の花日記

ヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)
<ナス科ナス属>
今年もヒヨドリジョウゴの花が咲きだした。
花冠は白色で1センチほどで、
5弁の花弁は反り返る。



林の縁などに生えるつる性の多年草。
だいたい、いつも生えている場所に行くと
見つけることができる。

葉は互生し、
茎や葉にやわらかな毛が密生する。
花の付く枝は葉と対生の位地にでて、
ふたまた状に枝わかれする。



葉は切れ込みのないものや、3つに切れ込むものなど、
さまざまだ。

何といっても、秋に目立つ美しい赤い実が存在感がある。
この実をヒヨドリが好んで食べることにより、
この名がある。

↓は9月の赤いヒヨドリジョウゴの実。

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヤブガラシ(藪枯) | トップ | ハゼラン(爆蘭) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヒヨドリジョウゴ (なずな)
2017-07-15 20:37:53
れんげさん こんばんは。
ヒヨドリジョウゴ、見たことがあります。
花は、バドミントンのシャトルみたいで、面白い形ですね。
真っ赤な実もとても可愛いです。
愛知川の河川敷で、前に何度も見た所に、今年行ってみたのですが、
どこにも生えていませんでした。根っこから草と一緒に刈られてしまったのかもしれません。
草花も突然に見られなくなることもありますね。><
ヒヨドリジョウゴ (れんげ)
2017-07-15 21:57:30
なずなさん
こちらでは、けっこう楽しんで生やしていらっしゃる家を数か所、知っています。
我が家に空き地があった頃も、きっとヒヨドリが運んだものでしょうが、見事なくらい赤い実がどっさりなりましたよ。
でも、家を建てられてしまうと無理!
毎年、同じ場所で見られるところを何か所か知ってるので、楽しみにしています。
東京でも勝手に生えてる場所ってあるんですよ♪
ただし、整地されて家が建ったら完全におしまいですが。
空き地があれば、生えていることもあります。
東京でも、探すのは難しくないです。
ありがとう。おやすみなさいなずなさん。

コメントを投稿

野の花日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL