れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

コウボウ(香茅)

2017-05-14 06:17:21 | 野の花日記

コウボウ(香茅)
<イネ科コウボウ属>
絶滅危惧種なのだそうだ。
こんな雑草が・と思われるかもしれないが、
こんな自然の溢れた場所じゃないと生きていかれない。
すぐ、抜かれてしまうのだろう。
私は心惹かれるけれど・・。




茎や葉にいい香りがするのに。
当たり前に生えていそうなものが失われていく。
なんだか切ない時代。




こんなに楽しい草なのに。
いつまでも残してほしいものだ。
失ってからでは遅いよ。
信州にて。

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホソバノアマナ(細葉甘菜) | トップ | ルイヨウボタン(類葉牡丹) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
コウボウ (なずな)
2017-05-14 20:05:14
れんげさま こんばんは。
この花も、標高の高い所に生えているのですか?
絶滅危惧種だということで、貴重な植物なのですね。
ネットで、調べたのですが、あまり記述がなくて、よくわかりません。
イネ科の花のようで、高く花穂を伸ばして風に揺れているのでしょうね。
背景の自然の緑がとても綺麗だと思います。
コウボウ (れんげ)
2017-05-15 07:29:12
なずなさん
おはようございます。
コウボウ、なんだかどこにでもありそうなのに、
以前に見たことがあるような懐かしい草でした。
こんないい環境でも、失われつつある種なんですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL