れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

フデリンドウ(筆竜胆)

2017-05-17 06:19:10 | 野の花日記

フデリンドウ(筆竜胆)
<リンドウ科リンドウ属>
信州は、桜が満開だった。
もう一度、春を迎えたようで二度の春を愉しめた。


小さな青紫色の花を緑の草の中に
見つけた時は嬉しかった。
今頃、こちらでは咲くんだね。



根生葉は小さく
花冠の先は5裂する。
裂片と裂片の間に副片がある。


初めて見つけた時は、
踏みそうになったくらい目立たなかった。
和名は花の様子を筆の穂先に例えたものです。


 

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミツバツチグリ(三葉土栗) | トップ | ハナヤエムグラ(花八重葎) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フデリンドウ (なずな)
2017-05-17 20:16:51
れんげさん こんばんは。
フデリンドウ・・可愛い花ですね。何処かで会ったような気がしますが、何処でだったか思いだせません。
伊吹山だったかな・・。
根生葉が小さいそうで、地面にいきなりお花が咲いているみたいですね・・。
5枚の裂片の間に副片がついて、華やかです。(^^
フデリンドウ (れんげ)
2017-05-18 07:18:33
なずなさん
おはようございます。
信州の春は遅いのね。
私はとっくに4月の初め(2日)に野川公園と言う所で、
見ました。
小さくて色ももっと薄かったわ。
いつも、ありがとう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL