れんげの画像日記

移り変わる季節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、
里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。

ミズバショウ(水芭蕉)

2017-05-12 04:18:56 | 風景

ミズバショウ(水芭蕉)
<サトイモ科ミズバショウ属>
信州の自然文化園の近くのペンションに
主人と犬と泊まった。
オーナーの奥様は何でも造詣が深く、
ガーデニングからリースやら織物、ヤマブドウの蔓で
素晴らしい籠まで編んでしまう方でした。
お嬢さんは控えめで穏やかな心優しい方で心地よい3日間を過ごしてきました。まだ桜が咲いたばかりで、入笠山の湿原にはやっとミズバショウが咲いたばかりでした。

雪解けの後、葉より先に純白の佛炎苞を
群生させる。



山の草原はまだ雪渓が残っていて、
まだ野山の花々を土の中に眠らせている感じでした。

 

 

 

ジャンル:
植物
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒトツバタゴ(一葉田子)ま... | トップ | イヌナズナ(犬薺) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
清楚な感じ・・。 (なずな)
2017-05-12 20:19:51
こんにちは。
ミズバショウと言えば、尾瀬を思い浮かべますが、実際は、まだ見たことがありません。
清楚な感じがして、如何にも初夏って思います。
でも、咲いている所では、雪が融けて遅い春になったばかりなんですね。
北海道の知床半島へ、夏に旅行した時、大きな葉の株をミズバショウって聞きました。
ヒグマが食べにくることがあると言われました。
イヌナズナ(=^・^=) (れんげ)
2017-05-13 07:22:30
なずなさん
おはようございます。
東京の空き地ではほとんど見られない
イヌナズナ(犬薺)を撮ったんだけど、
一枚だけでした。
黄色いナズナです(=^・^=)
今日は一枚で掲載しておくね♪
植物にはよくイヌ(・に似て非ず)がつくものがあるね♪

コメントを投稿

風景」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL