羽生結弦選手  絶賛応援ブログ  花になろうよ!

類稀な才能に溢れ、全身全霊で取り組む羽生結弦選手を心から応援し、神格化・偶像化をせずに、素晴らしさに注目します!

日本のフィギュアスケート会場で写真撮影が禁止になったきっかけの事件と一部ファン、一部マスコミによる人権侵害

2017-06-13 | フィギュアスケート全般について

 

 

日本のフィギュアスケート会場で、海外では可能な写真撮影がなぜ禁止なのかと、不思議がる人たちがいますが、 

今から12年ほど前、当時からフィギュアスケートを見ていた人たちなら、そのきっかけとなった事件を知っていると思います。

 

これを、前から書こうかどうしようかと悩んでいたのですが、これは羽生選手のためのブログなので、

一応遠慮していました。 

 

だけど、羽生選手は、将来フィギュアスケート界を担っていく一人になるつもりなら、知っていた方が良いと思いますし、

羽生ファンのほとんどは知らない人ばかりですし、第二・第三の被害者を出さないためにも、残酷なことが積み重ならないためにも、書いてみることにしました。

 

これは、ある事件がきっかけでした。

 

その被害者となった選手の名は、安藤美姫さん。 

私の記憶が正しければ、当時、確か、17歳だったと思います。

 

(これから書くことは、安藤美姫さん本人と関係者と思われるかたから依頼があったり、何らかの事情で削除した方が良いと判断したら、削除するつもりです。)

 

この事件の詳細は、男性で知っている関係者やファンはそれなりにいると思いますが、

女性のファンで詳細を知っている人は少ないはずです。

 

だからこそ、女性だけど知ってしまっている数少ない一人として、女性視点から見たあの事件のことを、書いてみたいと思います。

 

理由は、それを知っているか知らないかで、「見方」「見え方」が大きく変わるだろうと思うからです…

 

 

当時私は、いつもは行かない歯科医院に、検診の予約を入れてみて、そこに初めて行ってみたことがありました。

予約制だったので、私以外だれも待合室に人はいなくて、座って周囲を見渡した時、

置かれていた雑誌ラックの中に、「フィギュアスケートの…」という見出しのついた雑誌を発見しました。

 

「フィギュアスケート」という文字を見ると、新聞でもなんでも、反射的に反応して記事を読む習慣があった私は、

いつものごとく反応して、その雑誌を引き上げてみました。

 

それは名前が有名な写真週刊誌でしたが、取り上げてみた途端、表紙が女性の裸だと気が付いて、「うっ」と一瞬思ったのですが、私は自分が女性だから、だからどうというほとでもないので、一瞬躊躇はしたのですが、

気にしないことにして、「フィギュアスケートの」写真が中にあるのを期待して、そのまま開いてみたのです。

 

私がアホだったのは、「写真週刊誌」とは、表紙がどうであろうと、文字通り「色んな写真が中にある週刊誌」のことなのだと、この時までは本気で思っていたことでした。

だから、普通の写真雑誌と同じように、「普通の」フィギュアスケートの写真が、あるものだと期待していたのです。(それまで、中を見たことはありませんでしたからね。)

 

でも、初めて中を見たこの雑誌は、ページをめくってもめくっても、ひたすら女性の裸ばかりが続き、

肝心な「フィギュアスケートの」写真はちっとも出てきませんでした。

 

ページをひたすらめくり続けて、後半に差し掛かった頃、ようやく私は、(もしかして、この雑誌は、「その手の写真」のみなのでは…?)という疑いを持ち始めました。(←遅いですね(笑))

 

どこにも、フィギュアスケートの写真を見つけられないまま、最後の1ページをめくろうとしたとき、私は心の中で怒っていました。(どこにもフィギュアスケートの写真なんてないじゃない!あの見出しは何だったの!)と。

 

そして、記憶が正しければ、確か、本当に最後の見開き1ページだったかと思います。

やっと「フィギュアスケートの…」という見出しを見つけました。 

 

「フィギュアスケートの…」の先の言葉は、何だったかは、私は覚えていません。

良く見出しを見ないまま、フィギュアスケートの写真を探しただけだった私は、そこで見た写真の数々に、あまりにも大きなショックを受けました。 

 

そこにあった写真は、それまで散々見させられてきた女性たちの写真より、はるかに激しいショックを私に与えたのです。

 

どんな写真だったかというと、人間の身体の「部分的な」ところを、そこだけの興味をもってカットして拡大した写真でした。 驚くような角度、それも色んな角度から、いくつも載せられていました。

 

これは、会場で撮られた写真でした。

一体どうやったら、こんな、そこだけの写真ばかりを撮れるのか、あるいは、どうやったら演技をしている最中に、そんな角度の写真を撮ることが出来るのか、私はむしろ不思議に思ったくらいです。

 

顔はもちろん載っていないので、この「部分的な」拡大写真が、いったい誰のものなのかは、普通の人には判りません。

顔を載せないことで、愚かにも、「配慮したつもり」だったのかもしれません。

 

だけど、フィギュアスケートを良く見ていた私には、そこに映り込んだ「衣装の一部」「衣装の切れ端」だけで、

それがもともと誰の写真なのかは、一発で判ってしまいました。

 

 

安藤美姫さんは、当時、明るく、元気はつらつとした印象の選手でした。 

人気がかなり上がってきて、男性ファンが増え、加熱していた頃かと思います。

だからこそ、そういう「変な」ファンが増え、「変な」需要が増し、「おかしな」目線が増え、そこに目を付けた写真週刊誌が、そのような写真を掲載したのだと思います。

 

この写真、男性がどう感じたかは私は知りませんが、

女性であった私から見たら、本当に言葉を失うほどに、本当にショックな写真でした。

 

一言で言うと、「人間として扱われていなかった」からです。

まさに、人格なき「モノ扱い」でした。

 

それまでさんざん載っていた、全身裸の女性たちの写真のほうが、まだ「人間として」映っていただけ、ずっとマシに見えたほどでした。 

(この写真を見るまでは、かなり呆れて見ていたのですが。)

 

例えていうなら…

誰か知り合いが亡くなって、御遺体に対面に行ったつもりが、

棺の中をのぞいたら、目に入ってきたのが、その故人の「人体のバラバラパーツだったような衝撃」、に近いかと。

(注:たとえです)

 

 

私はこれを見た後、ショックと激しい怒りを感じると同時に、思わず涙が出てきました。

 

もし自分が、17歳の時に、これを同じようなことをされたとしたら…と想像して、

多分私だったら、耐えられないな…と、そう感じたからです。

マスコミ不信はもちろん、人間不信にもなって、恥ずかしさのあまり、きっと消えてしまいたいような気持ちになるだろうな、と、そう思ったからです。

 

もちろん、私は彼女ではありませんし、彼女はフィギュアスケーターで、人にいつも見られているわけですし、性格も全然違うので、感じ方は人それぞれです。

 

でも、普通の女性だったら、普通の17歳の少女だったら、これは絶対に耐えがたいと思われる… 

そんな写真だったことは、証言しておきます。

それを、全国にばら撒かれたのです。 もちろん、本人の許可や同意もなく。

 

その2日後ぐらいだったでしょうか…

新聞で、「日本スケート連盟が、写真週刊誌に厳重抗議した」という記事を読んで、私はホッとしたのを覚えています。

 

確か、この後から、日本で、フィギュアスケートの会場における写真撮影が禁止になっていったはずです。

(違っていたらご指摘下さい。)

 

日本の会場でだけ、写真撮影が禁止になっているのは、かつて日本で、そういう不名誉な事件が起きたり、酷い人格侵害にあたるようなことが起きたからこそ、です。

 

その後、インタビューや取材などで、カメラに追い回されてテレビに映る安藤美姫さんの顔から、笑顔は完全に消え、

カメラに向かって、ものすごい形相でにらみつけてみたり、嫌悪感をむき出しにしたり、

それまでとは比べ物にならないほどの不愛想な敵対的な態度で、カメラを無視することが増えました。

 

私はそれを見て、安藤さん本人は、あれをきっと見てしまったんだな…と思いました。

 

そして、(ああ、無理もない…あんなことをされたら…)と思って、胸を痛めながら見ましたけど、

その事情を知らない多くの普通の女性たちは、

「ねえ、なんか安藤美姫は最近、いきなり態度が酷くなって、全然可愛くなくなったけど、どうしたんだろう…?」

などと不思議がるようになりました。

 

 

今でも時々、私は思うのです。

もしあの事件がなかったら、安藤さんの人生は、どう変わっていたのだろうか… と。

 

あの事件は、どれほど安藤さんを傷つけたのだろうか… と。

 

 

これを読んだ後、あなたの印象や感想は、何か変わったでしょうか。

 

私がとても残念だったのは、安藤さんはその後、ある意味、悪い方向へ開き直ってしまったかのようにも見え、

私が大好きな選手 2名(男女それぞれ1名ずつ(笑))に対して、

色気がないだのなんだのと、平気でいうようになってしまったことでした。

(私には十分な魅力があるように見えていましたので。)

 

でも、「マスコミとの距離感が苦手」などという安藤さんを見るたびに、私はあの写真を思い出すのです。

 

かつて、そんな事件があったということや、具体的な事情、どんな写真だったかなどを知っている人と、知らない人とでは、

たとえ同じものを見たとしても、そこから見えてくる真実というのは変わります。

 

一部の、自称ファンの暴走と、一部マスコミの度を越した行動というのは、時に人権侵害の域に達して、

人の人生を大きく狂わせます。

 

 

最近、見ていてとても気になることが沢山おきているのを見て、書くことを決めました。

 

 

私は、その歯科医院に行ったのは、その時一回きりで、それっきりです。

いつも行く歯科医院には、そのような写真週刊誌は置いてありませんでした。

もし、あの日あの時、そこに行かなければ、私もあれを見ることは決してなかったでしょうし、知ることもなかったでしょう。

想像さえできなかったと思います。

 

だけど、その写真週刊誌の発売日に、なぜかそこに行ってしまい、それを見ることになった偶然を、今では決して偶然とは思えないので、女性であれを当時きちんと見た人は本当に数少ないと思うので、どんなものだったのかを証言できる一人として、女性の視点で、あの写真を見た感想を書かせてもらいました。

 

 

特に、未成年の10代の少女に向けて(少年も同じですが)、そういった残酷な人権侵害が、二度と起きないことを願っています。

 

 

この文章が、かえって安藤さんを傷つけるものにならないことを、心から願って…

 

 

 

 

「御国が来ますように。
御心が行われますように、天におけるように地の上にも。」
(主の祈り (イエス=キリストの祈り) : マタイによる福音書6章10節  新約聖書  新共同訳より)

※ 御心… 神様の御意志、ご計画のこと

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 試合では出しきれない才能の... | トップ | 羽生結弦選手に関連する、最... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。