羽生結弦選手  絶賛応援ブログ  花になろうよ!

類稀な才能に溢れ、全身全霊で取り組む羽生結弦選手を心から応援し、神格化・偶像化をせずに、素晴らしさに注目します!

国別対抗戦2017・ショート終了 羽生選手、Don't worry! 明日へ向かってレッツゴー!

2017-04-21 | 羽生結弦選手のおススメ演技動画集

羽生選手、本当にお疲れさま!

きゃ~~! ちょっと残念でしたね!(笑)

でも、逆に羽生選手の強い想いがあったからこそだったんだろうとよくわかりましたし、

ミスも人間らしくて、そこが何やら、どういうわけだか、素晴らしかったですよ!(笑) 

 

羽生選手のショート

 

 

こちらは、演技後のインタビュー 

 

ちょっと最近、顔がお疲れ気味に見えていましたので… そこは気になっていたのですが。

 

 

今日の午前の公式練習はパーフェクトだったということで、

でも国別対抗戦はスケジュールが普通の試合とちょっと違うので、リズムも狂うだろうし、

夜の最終滑走まで間が空きすぎて、逆に疲れちゃわないのかな…?と思っていましたけど。

 

ま、こういうこともあるさ(笑)、というわけで、

これがもし世界選手権だったら、さすがに慰めようがないくらいですけど、

そちらでは見事に優勝しているわけですし、

国別対抗戦ですから、そんなに気にすることもないでしょう…! (と、皆思っていると思いますが。) 

そうはいっても、羽生選手はいつも全力でやろうとしてくれて、そこが本当に尊敬できるところなのですけどね。

 

気持ちはちゃんと伝わってくる演技だったと私は思いましたし、

なぜだかこの結果を見ても、私は全然落ち込んでもいないし、がっかりもしていないのです。

 

うーん、何でだろう…(笑)と、自分でも不思議になるくらい…

演技後に落ち込んでいる羽生選手に、むしろ申し訳なくなるくらい… 

全く気持ちが落ち込んでいない自分がいて、ちょっと自分で驚いています! 

凄いな!これはどういうことだろう…? と自分でも考えてみたのですが。

 

まず第一に、世界選手権後に、もう一度こうして頑張って滑ってくれたこと自体が、

とても嬉しかったこと。

それだけでも十分に満足している、ということ。

 

あとは、上手く言えないけど、

羽生選手本人は辛いに違いないのだけど、皆どこかでそういう体験をしているものだったりする…

どこかでそういう経験をしなければならないのなら、国別対抗戦でよかったよね、

そういうところ、やっぱり羽生選手はすごく恵まれているよね、みたいな気分。(笑)

 

ジャンプの天才と呼ばれる羽生選手が、1回転に抜けちゃうようなミスをした、というのを見て、

励まされている人やホッとした選手が大勢出たような気がするのも確かだし、

この曲がもともと、そういうことへの大いなる励ましの歌だからかもしれません。(笑)

 

何かが悲しいとしたら、

羽生選手本人はきっと、すごくがっかりして悔しくて悲しくて無念な気持ちなのだろうから、

それを思うと、そこが辛いのですが、

決して、ジャンプミスそのものがそんなに悲しいわけじゃない …私は、なぜかそんな気持ちです。

 

むしろ今は、本当は相当疲れているだろうに、国別対抗戦まで出てくれて、

日本への想いを特に強く持って、ここまでやってくれて、本当にそれが嬉しかったですし、

 

何よりも、大変だったシーズン、ここまで想いを込めて、ここまで頑張ってくれて…

気合が入りすぎたがゆえだったとしても、そういった想いも観ていてわかったので、そこはもう、上手く言葉に出来ないほど、感謝の気持ちでいっぱいですね。

 

 

練習の時の滑っている姿は、本当に美しくて素敵でした。

そして今日の衣装は、特別きれいな色に見えましたし、ジャンプのミスはあっても、羽生選手の姿はものすごく美しかったですよ!  光の加減がとても良かったのかな。

 

最後のトリプル・アクセルは、相変わらず見事でしたね! 

 

かなり落ち込んでいる羽生選手の後ろで、励ますように踊ってくれちゃった日本チームが、

明るくて、とても楽しく見え、かえっていい感じでした♪ 

ほのぼの見てました。(笑)

 

まさかのジャンプ抜けで、4回転ループが1回転になってしまったことから、得点が入らず、逆に羽生選手的にはもう笑うしかないような、多分屈辱的なスコアになってしまいましたけど、

本来13~15点ぐらい入るところがゼロになったわけですので、そこはもう仕方がないですね。

でも、どうしようもなさすぎて、ちょっと笑ってくれた顔が、とても素敵でビックリ!(笑)

 

 演技の最後、天を仰いで何かをつぶやいたので、何を言っていたのかな?と思ったら、

「ごめんなさい。」と言っていたのだそうです…

 

その後、観客にもチームメイトにも、謝っていましたけど、

大抵誰かはそういう選手が出る、そこでお互いに励ましあい、補い合うのが、この大会の、見ていて一番良いところですからね!(笑)

五輪の団体戦だと、皆が真剣勝負なので、もうちょっとシビアな感じになっちゃいますけど、こちらは明るいノリで終えられるところがいいですよね!

 

プリンスさんにも申し訳ない、語る資格はない、と答えたそうですけど、プリンスさんはきっと、

羽生選手が今シーズン、ここまでやってくれただけでも、十分に喜んでいるような気がするのは、私だけではないだろうと思います。

 

あんな歌を書いたくらいですし、

「何言ってんだ、ここからだぜ、レッツゴー・クレイジー!」とか、励ましていそうな気がしますけど、どうでしょうね?

 

日本チーム、女子は樋口選手も三原選手もよく頑張ってくれて

世界選手権よりも とても良い演技だったので、そこはお二人にとっては良かったですね!

 

羽生選手の前に、チャン選手もジャンプが珍しくボロボロ気味になったのを見ましたし、

他の選手たちも世界選手権ほどには絶好調には見えなかったので、

(ジェイソン・ブラウン選手は絶好調に見えましたが)

トップグループの選手たちは、やはり疲労は凄いだろうし、また全力を出すのも難しいでしょうね。

 

チャン選手もスケーティングがいつもよりも安定していなくて、滑りにくそうに見えたので、

彼のスケーティングがおかしくなっている時って、温度が高くて氷の状態が悪かったりとか、整氷の状態がおかしくなっている時が多いように思うのですけど、今回は温度がかなり高そうに思いましたけど、どうだったのでしょう…。

 

スケーティングの上手さで群を抜いているお二人が、

似たような80点台のスコアにまで下がってしまって、そこは残念でしたけど、

まずは良くお疲れをとって、良く眠ってもらって、

明日は「また滑れる機会があって幸せ」くらいの気持ちで、フリーを滑ってもらえたら、

観客も、ファンも、皆幸せに思うと思います…♪

 

ショートが苦手意識が出てきてしまっているそうですけど、

昨シーズンは最高得点連発したくらいですし、そのバラード第一番だって、

1シーズン目はそれほど得点にはならなかったですし、

プログラムが、構成をリカバーしにくい点が大変だと思うのですけど、

その辺も今後の工夫次第なだけと思うので、今は気にせず、前向きにレッツゴー!(笑) 

 

落ち着いて、気持ちも爽やかに、明日も元気で素敵なお姿を見せて下さいね!

また観られる、というだけでも、とても有り難い、というのが本音です。

楽しみにしています! 

ドンマイドンマイ!(笑)

 

「神を愛する者たち、つまり、ご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを、わたしたちは知っています。」

(ローマ8章28節 新約聖書 新共同訳より)


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 羽生選手の「レッツゴー・ク... | トップ | 国別対抗戦2017のスケジュー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。