gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

カレイドスコープナイト 4-4-78

2017-06-14 03:39:35 | 本と雑誌

 「アンナスは涙を流しつつ話し始めた。 「順を追って話そう。 わたしが調査した古代遺跡の壁画にはこう刻まれてあった・・・もし将来、陽月界や人間界が悪魔の軍団によって占領されようとするならば、守護神である神霊(ケルビム)はその姿を現す。 しかし神霊(ケルビム)は自分では陽月界や人間界の民を守るために戦うことができない。 なぜなら神霊(ケルビム)は自分の体というものを持っていないからだ。 神霊(ケルビム)はわれわれ陽月界の住民よりさらに高度な存在であるがゆえに、自分の体というものを必要とせず、心を持った霊力エネルギーだけの姿で存在できるのである。 鷲と牛、獅子の姿は神霊(ケルビム)の心と霊力が象徴するように表に出たものに過ぎず、神霊(ケルビム)はあくまで不定形の存在なのだ。 しかし自分の体を持っていなくては戦うことができない」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレイドスコープナイト 4... | トップ | カレイドスコープナイト 4... »
最近の画像もっと見る

本と雑誌」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。