はなむらさき不定期便

もうちょっとだけ

つづくんじゃよ。

ふしぎなバトンを受け取りました。

2005年06月20日 02時24分41秒 | Weblog
よもやムーさんからこのバトンを受け取る事になろうとは。
身に余る大任に緊張しつつも、筆をとってみます。
なんの話かというと、最近はてなで大流行のコレ→「Musical Baton」

近頃よく見かけていたんですが、自分が受け取る事になろうとは………実はちょっとだけ期待しておりました。
私は、音楽にも漫画にも、洋服にもメイクにも、こだわりのない人間なので大変節操のない記事になるとは思いますが、いっちょ書いてみましょう!

音楽に対して、ムズかしい知識は全くございません!
だから、「どんな音楽?」と聴かれるのが一番困ります。説明出来ないから。
以下、ご紹介する音楽についても、フィーリングのみの感想となりますヨ。なんのこっちゃらサッパリな文面かも知れないっすが、お付き合い下されば光栄です。


まずはこの質問から…。

・Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
18.9MB
PCに入れておく事はあまりないですね。音楽はミニコンポで聴くか、車で聴くかです。


・Song playing right now (今聞いている曲)
正直に、今聴いている曲を言うんですね…。
わかりました。言いましょう!
アイアン・メイデン「明日無き戦い」です。



初心者向けのベストアルバム「偉大なるエディー/グレイテスト・ヒッツ」4曲目に収録。
ヘヴィメタです。で、でも別に私、ヘッドバンキングしたりしませんよ?
最近、「新しいジャンルを開拓しようキャンペーン」を実施しております。(一人で勝手にキャンペーン中!)
まずは興味が出てきたヘヴィメタの古典から…。と、思って手にとってみた次第。
思ったよりも、聴き易いですね。というか、80年代・90年代のゲームサウンドって、すべからくヘヴィメタの洗礼を受けていたじゃないですか。(主にアクションとシューティングだけかもしれませんが。)
なんかねぇ、懐かしいんですよね。当時大好きだったグラディウスとか、ダライアスとか、R-TYPとかのサウンドを思い起こします。
ヘタの横好きで横シュー大好き!そんな人間の心の琴線に触れるサウンドです。


・The last CD I bought (最後に買った CD)
木村カエラといえば、sakusaku

木村カエラの「リルラ リルハ」

ボーダフォンのCM「カエラはメールし放題!」ですっかりお茶の間にもお馴染みの曲となりました。
木村カエラがパーソナリティを勤める番組「saku saku」とは、高校時代からの長い付き合いでございまして、その昔はシャズナのIZAM君がカエラのポジションに居たなんて事は、もう忘れてあげてもいい過去かしら。
それが、時は移り、シャズナは解散し、気が付けばIZAMがカエラになっておりました。毎朝見ている訳ではないので、いつ交替したのか定かではないのです。
非常に曖昧な付き合いの番組ではありますが、この番組が私にとっての音楽情報源であることは間違いなく、今好きなアーティストは大抵「saku saku」か「JAPANCOUNTDOWN」で出逢った人々です。

まさかその番組から、デビューするなんて思いもよらなかったワケで、正直、最初は「カエラ調子乗りすぎ!」とか思ってたんですが…。
聴いてみると結構良いんですよ。コレが。
タイトルの「リルラ リルハ」とは「REAL LIFE」「REAL HEART」の事なんだそうな。
そして、サビの歌詞がコチラ↓

忘れないで 見つめる事を
忘れないで 感じる事を
今できるでしょう?
今しかないこの時間を あなた次第で
REAL LIFE 流れ行く
REAL HEART 変わり行く


素朴なんだけど、じんわり沁みこんで来る感じ。この歌詞に惹かれて、購入した曲です。
カラオケのレパートリーにしようと思った…というのも動機の50%を占めるのですが…この曲ムズかしいです。メロディが妙に不安定で音程がとれない。というか、彼女の曲はそんなんばっかし。
このメロディを歌いこなしているという事は…歌唱力の方も中々のモンだ!
売れたらsaku saku卒業しちゃうんだろうなぁ。そう思うと、ちょっと複雑。


・Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲)
心に突き刺さるような言葉ばかり

男女2人組アコースティックユニット・サンタラの「バニラ」
2004年1月、ふとTVから流れてきた曲。
アンニュイな女性Voと、切なげなメロディーに魅了され、即、探してみるも中々見つからず。結局手に入れるまでに3ヶ月かかりました。
素直に取り寄せれば良いんですけどね。私はどうにも音楽を買う際に「縁」という物を重視する傾向があります。
欲しい。と、思った時にお店にないのは縁が無いんだと思うわけであります。
そこで、その曲の事を忘れてしまえば、それまでのこと。縁がある曲ならばいつか必ず手に入るハズ。そう思っているのです。

池袋のHMVに立ち寄った際にふと思い出し、ようやく購入した経緯がございます。
そしたら、やっぱりご縁があったんですね。後に、ギターの砂田氏が山梨県出身と知り驚き。
さらに、友人の紹介でちょこっと通っていたBARで、彼らがデビュー前に演奏していたと知り2度ビックリ。なんだかミョーに応援したくなるじゃありませんか。

アンニュイなメロディと心に突き刺さる鋭い言葉。言葉の選び方に、センスが光ります。

そうだよダーリン そんなもの集めて私に差し出しても
忘れないで 所詮 私それを愛せない


なんかねぇ、修復できない心の溝を感じさせます。ハッとするほど鋭い歌詞。
恋人の前で歌ってはいけない歌ですね。合コンの2次会でコレを歌ったらダメですかね?やっぱり。

サンタラの公式HPはコチラです。→ SANTARA OFFICIAL SITE

ケア オブ ソウル読み間違え…。
お次はCORE OF SOULで「NATURAL BEAUTY」
TVKでプロモを見て一目惚れ。こちらは手に入れるまでになんと!1年近くかかりました。
原因は、ユニット名の「CORE OF SOUL(コア オブ ソウル)」を (ケア オブ ソウル)と読み違えていた事です。しかもスペルがわからず。
しかも、曲のタイトルすらうろ覚え。見つかるワケ無いヨ!
後に「世界!不思議発見!」のEDテーマだった事を知り、そっち方面からたどり着きました。

こちらは、パワフルでソウルフルな女性Voが魅力。生命力に溢れております。
「NATURAL BEAUTY」はシングルもありますが、手に入れたのはこのアルバムでした。これはもう、全曲大好き。
力強い歌から、やさしい子守唄のような歌まで、「おはよう」から「おやすみ」まで幅広くカバーしてくれます。
ハマった時には、ほぼ一日中聴いていたなぁ。

大阪のインターナショナルスクール出身の3人組って所が、初期のm-floを思い出させます。
LISAが居た頃のm-floが好きでした…。
「CORE OF SOUL」には、ずっと3人一緒で活動して欲しいと願っております。


モラトリアムという言葉を知った。
3曲目は出た!という感じで椎名林檎の1stアルバム「無罪モラトリアム」より、「警告」です。

私、今年で26歳になるのですが、同世代の方なら大抵通ってきた道でしょう。椎名林檎Coccoは。
この2人に、「JUDY & MARY」を加えると、私的御三家になります。(何の?)
初めて林檎に出逢った時の、あの衝撃を忘れない…。それは林檎インパクト!友人がカラオケで「輪廻ハイライト」を唄った事がきっかけで、林檎の存在を知ったのですが、ブッ飛んだ歌詞にすっかりトリコ。
その後「丸の内サディスティック」「ここでキスして」と続いたモンだから、このセンスは只者では無い!と、このアルバムを手にとってみた次第。
以来5年間、常に車に常備するアルバムとなりました。このアルバムの曲は、全曲思い入れ深いのですが、何故その中で「警告」を挙げたのか?それは…

夏に見たのは実在しない人だった
寒くなるまで知らないで愛してしまった


という所が、ちょっとだけ私の身の上に降りかかって来た現実に似てたから…。ほろ苦いオモヒデと共にランクイン。

メガネに惹かれて~
4曲目はちょっと雰囲気を変えて。「Weezer (Green Album)」より、「Don`t Let GO」です。

はじめてのジャケ買い~洋楽編~
生まれて初めて、内容を聞かずにジャケットのみで判断してレジに向かったアルバム。
結果は大成功!一曲目の「Don`t Let GO」がスンナリと耳に入ってきてくれたので、ほっと一安心。
でもその後、ドキドキと胸が高鳴ってきたのを覚えています。思った以上に自分の好きなテイストでした。
以後、彼らのアルバムをひたすら買い集めるも、このバンドの素性に興味が無く、アメリカ出身だという事も最近知りましたこんなファンでゴメン。でも好き。


一気に漂うやっちゃった感
ラスト5曲目は、ついにやっちゃった感が溢れ出す、陰陽座の「百鬼繚乱」より、「桜花の理」。

はぢめてのジャケ買い~邦楽変~
何を思ったのか、2004年正月。ふと手にしてしまったこのアルバム。
一度は棚に戻したものの、どうしても気になって仕方が無い。
ジャケットからして危険である。タイトルも「百鬼繚乱」。危険臭がプンプンしてやがる…!
まぁいいじゃないか。正月なんだし。失敗したら売っちゃえば!このまま気になり続けるよりは買っちゃえ、買っちゃえ!

…思えば、それが始まりでした。
買って即、車のオーディオにセット。響いて来たのはヘヴィでメタルチックなサウンドと、ワケのわからん歌詞。
突然聴こえてくる「成敗!成敗!」の掛け声。ビジュアル系な写真。
やっちゃった…!あたし、やっちゃった…!!

それが陰陽座との出会いだったんですよ。もう、これは受け入れられない音楽だ!と、思ったのも束の間。
2曲目の「桜花の理」がカッコいい曲でねぇ。ダメだと判断するのは、このCDを飽きるまで聞いてからでも良いじゃないかと思ったんですよ。
そんで、飽きるまで聞き込んでいたら、いつの間にやらこの変な世界観にどっぷりとハマってしまったという訳です。

元ネタとなっているのは、妖怪の他、京極夏彦作品、山田風太朗の忍法帖シリーズなど。
ヘヴィメタルな音楽のみではなく、異様にハイテンションなお祭サウンド、さわやかなJ-POP調やら、懐メロ歌謡曲風な曲までこなします。
だけど、根っこはヘヴィメタで、アニオタでゲーマーな人々。音楽に惚れた面も大きいのですが、その人柄に惚れた点も大きいかなぁ。日記とか読むとね、イイ人達なんですよ。
こっから始まって、現在、アイアン・メイデンに至ります。ヘヴィメタに興味を抱く元凶がコレでした。
現在、通勤ミュージックの定番が陰陽座。高らかに「成敗!成敗!」の掛け声を上げて会社へと向かいます。

どこで間違えたんだろう?
おかしいなぁ。こんなハズじゃ無かったのに。友達を車に乗せる時に、隠さなきゃいけないCDなんてあんまりだ。
カラオケで唄っても、誰もわかってくれないのが寂しいのです。
…そう、それでも唄うんです。結構チャレンジャーな人生だなと、ふと思いました。

陰陽座の公式HPはコチラです。気になる方は覗いて見て!→陰陽座公式庵頁



Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す 5 名)
いよいよ最後となりました。紆余曲折を経たこのバトン。次はコチラの方々に託させて頂きたいと思います。

「日々見聞きしたもの…。」:はさにんさん
「ネコガワヤ」:ネコガワさん
「うっちーの今日の戯言」:うっちーさん
「大佐の独り言」:ショウ大佐さん
「FIST & SOUL(あるいは九十九屋)」:九十九屋さんたさん

皆さん、突然のお願いで申し訳ありません。
お願いはさせて頂きましたが、強制ではありませんので、このバトンに興味があったらご参加下さい。
こちらからの一方的なお願いですんで、スルーしちゃっても全然OK!でございます。

この5名の皆様をを何故選んだか…。それは単に皆さんがどんな音楽を聞いているのかに興味があったからです。
色々、濃いエピソードが聞けそうだなぁ~と、誠に勝手な好奇心で依頼しています。ホント、すみません。


最後の最後になりましたが、ムーさん、素敵なバトンをありがとうございました。
なんか、私の所であんまり素敵じゃ無くなった気がしないでもないんですが…。(特に5曲目の下りで。)
きっと後続の皆様の元で、再び素敵なバトンに生まれ変わると思います。

プレッシャーをかけてしまいましたが、ホント、スルーしても構いませんよ?
こういう企画は、書く事が重荷になったらアカンと思いますので。楽しく書ける時に、書いて頂ければ皆でハッピー!というモノです。

案の定、節操なしでワケのわからないラインナップとなりましたが、とても楽しく書きました。
カミングアウトって楽しいなぁ。
なんていってる内に、もう丑三つ時。
すいません。今夜はこの記事UPして力尽きます!おやすみなさーい!!
コメント (15)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新機能を試してみよう! ジ... | トップ | ありがとうの気持ちをこめて »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ryo)
2005-06-20 02:31:53
花村崎さんもやってる~!!!

渡そうか迷ったんですよー。

B型度が低かったので別の方に回したんですが、すでにもらっていたとは♪

私は林檎インパクトの中では歌舞伎町の女王が好きですv
わ、わ、わ、わたしですか?! (うっちー)
2005-06-20 09:06:03
今こちらの記事を読んでて、「へぇ~、人の音楽の趣味って面白いなぁ」とかのん気に思ってたら・・・愕然!

私なんかがバトン受けちゃっていいんですか?!

こ、こ、こんな人気サイト様で廻しているものを!

ふー、ふー、とりあえず頭を冷やして。

たぶんオバサンっぷりとアニオタっぷりが前面にでたセレクションになると思いますが、やらせていただきますネ!
メタルとカエラが混在するカオスぶり。 (花村崎)
2005-06-20 21:56:38
>ryo様 コメントありがとうございます。

あれよ×2という間にブログ界を席捲していますね!すごいバトン効果です。

そして知らぬ間に私も受け取っていたこのバトン。私なんかを候補者に入れて下さって居たなんて…。嬉しゅうございます。(と、同時に何処から飛んで来るかわからないバトンにちょっとビビる。)

残念ながら、私はAB型なんです。でも、どう言う訳かO型に間違われます。B型度は50%のハズなんですがね~。

林檎インパクト、ryo様は「歌舞伎町」でしたか!

アレが有線から聴こえて来た時は確かにショッキングでしたな。いつの時代の音楽なんだ?と、思いました。



ご挨拶が遅れてしまいましたが、ブログピープルの方でリンクして下さってありがとうございます。

最近ピープルの方のリンクは絶賛放置中で要メンテナンス!はてなアンテナに浮気しようかと、こっそり思っていたり…。メンテナンス時には、ryo様のブログもリンクさせて頂きます!今後ともよろしくお願い致します。



>うっちー様 突然のお願い、大変失礼つかまつりました!

先日のドライブ記事を見て以来「この人しか居ない…!」と心に決めておりました。そのセレクションこそが、私の望みです!

大変な事をお願いをしちゃってスイマセン(汗)

期待に胸を弾ませながら、お待ちしております!
やったよ・・・!ついに! (うっちー)
2005-06-20 23:12:38
こんばんは!

何とかやり遂げましたよ♪

ミュージカルバトン。

楽しかったけど、読み返すとあっさりした文章で自分でガッカリ。

花村崎さんのよーに読み応えのあるものにはなりませんでした。

期待はずれだったらお許しを・・・。
期待どおーり! (花村崎)
2005-06-21 00:22:06
>うっちー様 早速バトンにお応え頂き、誠にありがとうございます。

楽しんで書いて頂けたようで、よかった~。

突然のお願い過ぎて、重荷になりはしないかと内心ハラハラしておりました。

期待はずれだなんて、トンでもない!

TMN・バクチク~SOULD OUTまで、ある意味、オタク心が繋いだ音楽の歴史に大変共感致しました!TMNは全盛期にちょうど小学生位だったのかな?聴けば思い出す曲ばかりなんですが、うっちーさんの記事を読み、もう一度ちゃんと聴きたいなと思いました。

素敵な記事をありがとうございましたっ!
一番心配なのは次にまわせるような知り合いが5人いないこと (ショウ大佐)
2005-06-21 12:31:17
どうも~!バトンを送ってくださってありがとうございます!

最近いろいろなサイトでこれやってるのでやりたいなー、と思いつつ、

でもバトンくれる人いないしなーと思ってたのでありがたいです!

今はちょっと忙しいので遅れるかと思いますが必ずやりたいと思います。

と、言っておきながら今日とかに更新するかもしれませんが・・・(笑)

書いたときには報告にダメと言われても来ますんでよろしくお願いします!
それが一番大事 (花村崎)
2005-06-22 00:46:16
>ショウ大佐様 バトンを受け取ってくださってありがとうございます!

しかも、ちょうどニーズが合った所でお渡しできたようで、ひと安心致しました。

記事はどうぞまったりUPして下さいませ。

ゆるりとお待ちしております。モチロン、報告は大歓迎ですよ~。

そう、このバトンの最大の問題は「5人に渡せ?人数多いよ!」という点なんです。

そんな訳で、ショウ大佐さんを含めた5人の皆様に犠牲になってもらっ…ゲフンゲフン。

本当に感謝!!どうもありがとうございます!
コメントさせていただきます。 (はさにん)
2005-06-22 01:42:18
なんとか書き上げましたよ!



なんか自分で書いた記事の内容のあほっぷりに閉口しちゃいました…。



私の託した5つのバトンが走り出すのか、非常に楽しみですけどね。
何か、イマイチ微妙かも (ショウ大佐)
2005-06-22 16:49:04
何とか書き上げました~!

まぁ、ほぼやっつけなのでイマイチですけど。

やっぱり渡す5人いなかったのでこの際相互リンク募集しちゃいました(笑)



>そう、このバトンの最大の問題は「5人に渡せ?人数多いよ!」という点なんです。



そういえば、クニミツの政で5人っていうのはチェーンメールを回すのに最適な人数だみたいなこと言ってましたね。
棒の手紙ってありましたね。 (花村崎)
2005-06-22 22:06:17
>はさにん様 コメントありがとうございます。

早速の記事投稿、ありがたく拝見させて頂きました!そう、hitomiが小室ファミリーだという事を、今の子は知っているのでしょうかね?

正直、あの頃は彼女が単品になってからこんなにブレイクするとは思わず!彼女の曲では「SAMURAI DRIVE」が好きです。

アホだなんて事ちっともナッシング!それを言ったら私の田仁志はどうなるの?状態ですから!!

ホント、ありがとうございました。



>ショウ大佐様 ありがとうございます。

見事、記事を書き上げて頂いたとの事で…。ホント、急なお願いにも関わらずありがとうございます。

先ほど、ちょこっと覗きに行ったんですが、まだ記事が見つからなくて…。私の見方が悪いのかな?ドキドキしながらお待ちする事に致します。



チェーンメールといえば、昔「棒の手紙」ってのがあったんですよ。「不幸」と横書きで書いた物が「棒」に縮まってしまったという…。

バトン…ある意味「棒」だな。と、思いました。

「5人」には結構深い意味があるんですねぇ。
コメントし忘れてた部分が… (はさにん)
2005-06-23 01:53:12
あいぴーと大塚愛は何分まだ付き合いが短いもんで、私の人生のイベントに深く刻まれてませんでした。まだまだ、あの5曲以上のネタにはならないですね。多分、数年後にこんなCD買ってた時には、何ていうストーリーが出来上がってると思います。



>そう、hitomiが小室ファミリーだという事を、今の子は知っているのでしょうかね?

>正直、あの頃は彼女が単品になってからこんなにブレイクするとは思わず!

もう、今の若い子以外でも皆さんの記憶からは消えてしまってるんじゃないでしょうか?彼女が単品になっても、生き残れたのは最初から作詞を担当させられていたのが大きいんじゃないかと。(単品になって最初の曲を聴いたときは、終わったなと思いましたが…)
久しぶりの休憩時間に覗いてみたらWOW! (ネコガワ)
2005-06-23 16:43:46
どうも、反応がすっかり遅れたうえ妙なテンションですいません、そして私なんぞに回していただいてありがとうございました!只今私的最高多忙状態につきすぐには書けないんですが、面白そうなので是非参加したいっす。アップする頃にはブームが去って、渡す相手もいなくなってそうなのが怖いですが(^^;



ちなみに、花村崎さんの面白く読ませていただきましたよ。林檎くらいしか共通点無かったけど、陰陽座のトピックに思わず興味津々に!ヘヴィメタ…もしかして私も今チャレンジしどきなのかしら?
渡したバトンが全弾的中!の奇跡 (花村崎)
2005-06-23 23:30:45
>はさにん様 そうか、大塚愛が出てこなかったのは、そいう理由だったんですね。

厳選された5曲、思い出のエピソードと共に楽しく読ませて頂きました。音楽って、結構思い出と結びついてるものですもんね。数年後…まだお互いBlogを続けていたら、そんなネタをやりましょうか?…憶えていたら。

>(単品になって最初の曲を聴いたときは、終わったなと思いましたが…)

そこで見捨てなかったファンが居たからこそ、今のhitomiが有るんですよ!その時代からのファンは希少価値です!誇っていいと思います!!



>ネコガワ様 バトン受け取って頂いてありがとうございます!

ネコガワさんのBlogを拝見していて、お忙しそうなんで、申し訳ないな~と、思いつつも「山越えた~」のお言葉に、バトンを投げつけてしまいました。

ブームなんて気にしないさ!いつまでだって待ちますとも!あせらずまったりお書きください!



陰陽座…。いい所に食いついて下さいましたね!

深夜アニメ「バジリスク」のOPになってますので、お試しに聴いてみるのも良いかもしれません。

メタル…。新世界の扉を開いてしまったかも…!

自分の「5曲」はちょっとマイナー過ぎたかもしれません。あわてて林檎を投入しました。

余計、混沌としてしまいました。節操ねぇ~。



やっとこさご報告 (ネコガワ)
2005-06-30 11:32:56
TBもしたんですが、か、か、書きました…

危惧していた通り、完全にインサイド自分の世界という感じで、面白いエピソードは書けませんでしたが。。はひー。でも楽しかったのでやっぱりバトンタッチして下さったことには感謝してます!ではではまたー。



追:深夜アニメも未知の領域なのでちょっとどきどきですが、今度ガラかめと一緒に予約してみようかな…(その時間まで起きてられない困った子)
インサイドマイワールド!最高です! (花村崎)
2005-06-30 23:44:44
>ネコガワ様 TBありがとうございます。

早速拝見して参りました!

思った以上にマニアックだった(失礼な)、ネコガワさんのインサイド自分の世界。最高に気になるアーティストだらけで、大収穫でした。もうホクホクです。

突発的なバトンパスにも関わらず、がっちりキャッチして下さって、ホントにありがとうございます。大感謝!



PS:実は勧めた当人もロクに見てない深夜アニメ。「バジリスク」はコミックも好きなのに。思い出したら撮ってやって下さい。夜中の2時はツライっす!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ミュージカルバトン (うっちーの今日の戯言)
はてさて、この頃色んな人気ブログ様で見かける『ミュージカルバトン』 このステキなバトンが恐れ多くもワタクシのところにも回ってきたのですよ!! 回してくださったのは花村崎さん。 ご期待に沿えるようなコトが書けるでしょうか? ドキドキ☆ えー、要は質問に合わせて
Musical Baton (FIST & SOUL(あるいは九十九屋)更新簿)
答えてみました。でもあまり楽しくなかったらごめんなさい。変わりにけっこう視聴できるところを探しておきました。
Musical Baton (ネコガワヤ)
一時ブログ界を席巻していた(と思われる)MusicalBaton。花村崎さんからまさかのバトンタッチを受け、はや一週間あまりというここで、ようやく挑戦です。 ・・・ちなみに今週も未だジャンプは読んでません。これ書き終わったら読もう。寂しさを紛らわせるように、元気よく