tarohanaきままな記録

わんこ3匹毎日頑張る!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今日検査の結果がでました。

2009-08-26 22:30:56 | じいの病状日記
ずっと機嫌が悪かった父ですが、23日夜、以前の頭痛の時のような発作が出て突然意識を失い倒れました。孫が救急車を呼んで、住所を告げているところで目を覚まし、急いで電話をとりあげ、大丈夫ですと自分で出動依頼を断ったそうです。私はその30分後に帰宅しました。私が帰宅してから、気持ちが悪くなり、四肢が冷たく、発汗、なまあくび、低体温がみられたので、不安になり、近くの病院へ連れて行きました。病院についたときには症状はほとんど消え、落ち着いていましたが、とりあえず今日のガンセンター通院まで入院ということになりました。検査、MRI、CT、エコー、心電図と一通り検査を受けましたが、結局原因は分からず、一過性脳溢血という診断でした。
 昨日夕方、今日の通院にそなえて退院・・・しかし・・・何でもないという結果に安心していたのに、また発作がおきました。気持ち悪くなり、トイレにいく途中でまた、意識を一瞬失い倒れたのです。

そして今日の通院。担当の医師もまったく分からないという返事。発作の話がメインになってしまったのですが、最後に”前回のCTの結果をみるとガンの転移はないが、肺のガンが大きくなってきているので、抗がん剤をやりますか。体調が悪いようだから入院をしますか。”という医師。
以前の担当医師から、次はイレッサでと言われていたので、その話をすると、カルテを見て、”そうだね。明日から飲みましょうか”と。
私たちは初めて飲むこの薬にいろいろと説明があるのかと思っていたのですが、まったくなし。
慌てて副作用について質問すると、”ああ、薬局で説明してくれるから”という返事でした。
え!!こんなものなのですか!!
そういう理由で、父のイレッサが明日から始まります。
医師からはガンがどのくらい大きくなったとか、副作用についての説明は一切ありませんでした。
国立のがんセンターですよ?薬局でいただいた、イレッサの小さな冊子だけが頼りです。
結局、医師にとって私たちは一例にしか過ぎないのですね。ひとりひとりの患者ではないのでしょう。
父は、どういうものなのか、毎日飲むのか、どのくらい飲むんだらいいのかという疑問でいっぱいのようです。

私たちはただ祈るだけです。

どうか効き目があらわれますように。
どうか副作用が我慢できる範囲で納まりますように。

できる限り、父の様子を書き留めるつもりです。

頑張れ!じいちゃん!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我家の小犬たちを紹介します。

2009-08-22 23:19:26 | 我家のかわいい子供たち
よい写真がないのですが、私と母の宝物を紹介。
まずはかわいさNO1のmokoです。

体重は2.5キロ。我家に来たときはねずみのようでした。
父がとっても可愛がっています。
次にやさしいはな。

次男がどうしてもといって我家にくることになった豆柴。mokoと同い年ですが、子犬の時からmokoを上手に遊ばせるやさしい子です。以前は父が朝夕と自転車で1時間以上の散歩をしていたので7キロくらいで引き締まったよい体形をしていましたが、父が体調を崩してからは運動量がぐっと減り、今は8.5キロくらいあり、とても豆柴とはいえません。
最後はくう。この9月で1歳になります。

まだまだ若いので元気いっぱい。ちょっと大きめで4キロの狆。
顔は不細工だけれども、性格の明るいとっても可愛い子です。

私と母は大の犬好きです。犬がいない生活は考えられない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

機嫌が悪い

2009-08-22 22:59:23 | じいの病状日記
先週の木曜日から父が動かない。
木曜日の朝、ホームセンターに畑で使うビニールを買いに行くと言っていたのに
いざ出ようというときになったら、すかっり気が変り、そこからずっと寝てばかりいる。
子供が話しに夢中で声を高くすれば、うるさいと怒鳴り、犬が遊んであばれれば、むげに叩く。
どこか痛いのかと聞いてもろくに返事もせず、いいからほっとけと。この夏にお風呂も入らず、
ひたすら横になって、しかめっつらをしている。
 病気になる前も、時々こういうことがありました。もともとわがままな人間です。
母はずいぶん苦労してきました。私もいろいろと苦の思い出があります。
 人は生きたように死ぬのだと以前読んだことがありますが、父はどのように死をむかえるのでしょう。
 実際、突然の変わりように戸惑っているというのが本当のところです。
病気が進行して、体がだるいのかもしれない。どこかに痛みがあり、思うようにならない体にいらいらしているのかもしれない。
 どんな事態になっても見守らなければ。父は私が離婚して3人子供をつれて戻ってきてから、
68になるまで現役で働き、私たちの生活を守ってくれたのだから。
 とりあえず、来週の検査の結果待ち。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりのCT検査です。

2009-08-19 23:25:16 | じいの病状日記
 12日、ゾメタ点滴と通院。この一ヶ月にあったことを医師に伝えました。
血液検査とレントゲンでは特に変化は見られず、医師は不思議そうでしたが、
頭痛のこと、声枯れのこともあり、久しぶり(約半年ぶり)にCTをとることにしました。
26日に結果がわかります。どんな結果がでるのでしょうか。

色々な方のブログを読みました。イレッサはこれからですが、父の場合、CEAの値がみなさんより
高いような気がします。
グラフがコピーできないのですが、がんセンターにかかったときが、85
がん剤治療後が、 7.9
そして今が54.7です。
今回のCTの結果でイレッサ服用開始になるのか決まるのでしょうが、恐ろしいです。

イレッサで効果がでるのか。
副作用はどれほどか。
耐性ができるまでどのくらいの猶予があるのか。

今日は畑まで車で送っていきました。
約5時間程、草取り等ゆっくりと畑仕事を済ませたようです。
筋力もだいぶ落ちたようですが、動けるうちは動いていないと、本当に弱っていくだけのようで。
このごろ体重計にのりませんが、腹回りはだいぶ小さくなりました。
来年の今頃はいったいどうしているのか・・・・

とりあえず、来週の検査の結果待ちです・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腰の痛みがでてきました。

2009-08-02 23:01:55 | じいの病状日記
1週間ほど前から腰の痛みが出てきたようです。
最初は畑に行って少し無理をしたためかなとも思いましたが、
ここ3日はずっとボルタレンを飲んでいます。
痛みを我慢しても意味がないので、痛んだらすぐに服用するよう言ってあります。
放射線治療後半年くらいは現状維持できるかなと医師に説明されていたので
この夏まではなんとかなるかと思っておりましたが、そろそろきたようです。
父はまた放射線をあてればなんとかなるんじゃないかと思っているふしがあります。
放射線治療は繰り返しできるものなのでしょうか?

先日の突然の頭痛はあの時一度きりでした。
いったいなんだったのでしょうか。

もうひとつ父を苦しめているのが便秘です。
腸の働きが悪くなっているようで、先日も1週間便秘でガスもでず、おなかが苦しいと
ずっと機嫌が悪く、困りました。座薬を2回入れて、やっと落ち着いた次第です。
水分を余分にとること、牛乳を我慢して飲むこと、そして毎晩便秘のくすりを服用すること。
これを続けて今は少し調子がいいようです。
笑顔が戻りました。

来週病院です。今度の診察ではたくさん医師に相談することがあります。

1、せきがひどくなったこと
2、腰の痛みがでてきたこと
3、先日の頭痛のこと
4、便秘のこと

はたして医師の判断は?レントゲンと血液検査の結果は?
1ヶ月に1度の緊張の時です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加