イタリアのバイクやフランスの車を愛する多趣味な生活

80年代イタリアのオートバイ、ビモータdb1やフランスのプジョー407SW、を乗り続ける生活

ディスカバーウォークin一ノ宮 貫前神社 遷宮祭

2016-12-13 15:50:05 | 富岡、まちづくり
昨日、一ノ宮 貫前神社の遷宮祭が 開催されました。



昨夜8時 寒い中、貫前神社に到着、案内をお願いした佐藤さんと合流、

もうすでに 準備が始まっています。



神主さんや巫女さん達が 本殿前の井戸で清めの儀式、



行列を作り、神社から一ノ宮の街中へ出発・・・・最後尾に並び 私達も参加、



普段は使われない、「開かずの門」を通ります。



お女郎坂を下り、街を練り歩き、幻想的な提燈行列・・・・



神社正面の参道を上がり 神社へ戻ります。

ここから本当の遷座祭が始まります。





神前にお供えをして 舞の奉納、



独特の太鼓のリズムに合わせて 舞の奉納、

ここまでで、午後10時過ぎ・・・・・う~寒い、



午後11時より 本殿から仮殿へ寄進された宝物の移動。






一つ一つ、由来を説明して、両側に警護役の武士が提燈で足元を照らし移動、

宝物の中には、3代将軍徳川家光公の息女が 寄進した大羽子板もありました。

残念ながら、本物の宝物は 破損の危険があるので、

現在は神社の宝物館に収蔵され、遷座祭に使われるのは、白布に包まれたレプリカとの事、

20個ほどの宝物を移動して、午後11時30分 終了、


この後、午前2時より メインイベントの 御神体の遷座が行われるのですが、

あまりの寒さに ギブアップ・・・・・帰宅しました。


薄明りの中 荘厳な遷座祭 貴重な体験ができました。

来年の3月には、今度は仮殿から本殿への遷座祭が行われます。

次回は是非 御神体の遷座を見学したいと思います。


ディスカバーウォークに参加された皆さん、寒い中お疲れ様でした。







『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« db1オイル交換 | トップ | 握り物工具いろいろ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL