イタリアのバイクやフランスの車を愛する多趣味な生活

80年代イタリアのオートバイ、ビモータdb1やフランスのプジョー407SW、を乗り続ける生活

群馬県立自然史博物館「アマゾンはいま」

2017-07-15 17:47:31 | 富岡、まちづくり
富岡市の群馬県立自然史博物館で

企画展「アマゾンはいま」が 今日から始まりました。



最初に アマゾンに住む魚たち、



古代魚である 肺魚、



こちらは 3m以上にもなる 淡水魚最大級の「ピラルクー」

展示しているのは。60~70CMの まだまだ赤ちゃん、



枯葉そっくりの 見事な擬態「リーフ フィッシュ」



猛毒を持つ「ヤドクガエル」



巨大な カミキリムシ、



ジャングルに住む、生き物達。

一通り見てから、常設展会場へ、



お馴染み、恐竜の発掘現場、



巨大なマンモス、



恐竜のロボットや骨格標本、

子供達が 大喜びする展示です。


「アマゾンはいま」の企画展は 9月3日まで、

夏休み子供達が 楽しめる展示と思います。

『埼玉県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Amazon プライムデーの戦利品 | トップ | ブルーベリーの天敵  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

富岡、まちづくり」カテゴリの最新記事