イタリアのバイクやフランスの車を愛する多趣味な生活

80年代イタリアのオートバイ、ビモータdb1やフランスのプジョー407SW、を乗り続ける生活

BMW R100GS飼育記 8 ステップバー交換

2017-06-22 16:42:06 | バイク
特別トラブルも無く 順調な R100GSですが、

走らせていると 少し、気になる部分が・・・・・

GSモデルは オフロード仕様なので ステップバーは金属剥き出し仕様、

車重の割に ステップが小さく、コントロールが 難しい、

しかもフラットツインの1000ccなので、

微振動が靴底から伝わり、長距離では疲れやすい。



そこで、色々調べてみると、ワイドステップバーも出ているようですが、

オークションで、BMW R100Rミスティック中古ステップバーが見つかり、
(R100Rは R100GSをオンロード用に改装したモデル)

取り付けは同じでは?と考え 落札、

ステップのサイズも大きく ラバー付きなので振動対策にも・・・

ラバーにはBMWのロゴも・・・・

ここにロゴのあるステップ 初めて見ました。



早速 交換開始、ステップバーは上下13mmのネジで固定され、

取り外した後、フレーム側は 掃除とグリスを薄く塗り、取り付け準備。



外したステップと比べると 取り付けは同じ、

ただリターンスプリングが GSはステップバーの内側、

R100Rはバーの外側と 取り付け位置が異なっていました。



先ずは ステップバーを付け、後からスプリングをナットに被せる様に取り付け完成。



ステップが大きくなったので、コントロールし易くなっていると思います。


オフ車なのにラバーステップと怒られそうですが、

このバイクで オフを走る事は 殆ど無いので、大丈夫でしょう。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブルーベリー栽培 収穫期 | トップ | BMW Cエボリューション試乗 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL