虹色オリハルコン

ネイチャースピリチュアルの視点から
ECOで原発のない世界を選ぶ
四国・伊方原発は即廃炉に!

びっくり、ノーベル文学賞にボブ・ディラン

2016年10月14日 | 社会のニュースを考える
ボブ・ディラン 歌手初ノーベル文学賞!「新たな詩的表現を創造」

いやあ、そうきたかぁ!と思われた方も世界中にたくさんいたのではないかと思います。
賛否両論あるのかもしれませんが、私は、こういう賞の形もいいなあと思いました。

作家が、言葉で何かを伝え残すのが文学なら、ボブ・ディランは、ギター1本とハモニカでメッセージを伝える詩人とも言える。
その言葉の影響力は、文学者に勝るとも劣らない。
岡林信康のような日本の元祖フォークシンガーが生まれたのも、ボブ・ディランがいたからこそ。
彼がいなかったら、吉田拓郎も井上陽水も桑田佳祐も今の道に、いなかったかもしれない。

何だか、権威的なノーベル賞への偏見?が消えたような、ちょっと清々しい気持ちになりました。

詩人のまど・みちおさんは、戦時中、国の命令で戦意高揚の詩を書いて、子どもたちに軍国主義の洗脳をしたことを最後まで後悔しておられました。
死んでしまった人たちには、謝っても謝っても取り返しがつかないと。心にもない言葉が歌になって、国のプロパガンダに利用されてしまった、そんな時代もありました。

ボブ・ディランは、それとは逆。嘘と圧力を蹴散らしたから、オジサンたちが決めた既成の枠の中で「駒」になりたくなかった若者たちが支持したのだろう。

かつては若者のものだったボブ・ディランの歌だけど、今の若者の中には、ボブ・ディランのことを知らない人も多いのでは。
でも、今の若者が口ずさむ今の歌の中にも、ボブ・ディランの精神が、無意識のうちにつながっているのではないかなーと思います。



風に吹かれて・・・ボブ・ディラン


風に吹かれて 歌詞和訳 


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 成功体験を乗り越えて | トップ | 愛しき動物たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。