虹色オリハルコン

ネイチャースピリチュアルの視点から
ECOで原発のない世界を選ぶ

四国・伊方原発は即廃炉に!

誰かを犠牲にして少数の者だけが裕福になるべきではない

2017年06月10日 | 心に残る言葉

10日の東京新聞筆洗にハッとした。
イギリスで行われた9日の総選挙。与党保守党が番狂わせの過半数割れしたことを伝えて曰く。

その背景にあったのは何か。ドキュメンタリー映画『1945年の精神』をつくった名匠ケン・ローチ監督は、それは「誰かを犠牲にして少数の者だけが裕福になるべきではないという考え方」だったと指摘している。


福祉先進国「ゆりかごから墓場まで」が揺らぎはじめ、「英国は先進国の中で最も不平等な国の一つ」になったという。
野党労働党は、「ごく少数の人のためではなく、多くの人のために」と訴え福祉政策の充実や鉄道の国有化などを公約にしたことで、大きく議席を伸ばした。

日本でも、アベノミクスの高揚感?に期待した向きにとっても、3本の矢がどこに飛んでいったのか、今となってはさっぱりわからないのではないか?
たしかに、少数は裕福になったらしい。その少数の中には、総理のお友達や仲良しの経済人たちもいるのだろう。
でも、実質賃金は、この26年で最低だという。
雇用は増えた。しかし、その裏で、非正規、残業代ゼロ、パワハラ、過労死など水面下で起こっている悲惨な現実。
つまるところ、「誰かを犠牲にして少数の者だけが裕福になっている」ということではないだろうか。

当初は人間の欲が邪魔をして、ちゃんと見えなかったけれど、安倍政権の魔法がとけたら、全ては幻だった・・・と気づくことも必要なことだったのだろうか。


筆洗 2017年6月10日
 一九四五年の夏、英国で大番狂わせが起きた。十年ぶりに行われた総選挙で、保守党がまさかの敗北を喫したのだ▼保守党を率いていたのは、第二次大戦で卓越した指導力を発揮した名宰相チャーチル。彼の名声をもってすれば、愛国心で高揚した国民の支持は固いはず、との予想を覆し、野党・労働党が大勝したのだ▼その背景にあったのは何か。ドキュメンタリー映画『1945年の精神』をつくった名匠ケン・ローチ監督は、それは「誰かを犠牲にして少数の者だけが裕福になるべきではないという考え方」だったと指摘している▼労働党政権は貧困のため病院に行けなかった多くの国民のため、「ゆりかごから墓場まで」と言われる福祉国家を築き、基幹産業の国有化などで労働条件の改善を行った▼そんな歴史を持つ英国の総選挙でまた、番狂わせが起きた。保守党の圧勝かと思われていたが、過半数割れ。「ごく少数の人のためではなく、多くの人のために」と訴え福祉政策の充実や鉄道の国有化などを公約にした労働党が、大きく議席を伸ばしたのだ▼英国を拠点に世界の貧困問題に取り組む「オックスファム」によると、「英国は先進国の中で最も不平等な国の一つ」になったという。そんな状況が生む憤懣(ふんまん)が、EU離脱をめぐる国民投票、そして総選挙で噴出したのか。「1945年の精神」が甦(よみがえ)りつつあるのか。



★参考サイト
 実質賃金、26年間で最低にしたアベノミクス・・・どうしてくれるの?・・・毎月勤労統計調査の実質賃金指数(厚生労働省)

★関連記事
 アベノミクスはまやかし、国民よ失敗に気づけ by伊東光晴・京大名誉教授
 OECDはトリクルダウン(したたりおちる)という考え方を捨て去った
『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岡田克也オフィシ・・・ | トップ | 築地か豊洲か »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

心に残る言葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL