どう老いるの

母親のお世話をしています

今年も迎えに来てくれるかな

2017-05-14 | おばーちゃん
このところ、母はさみしいを連発します
四六時中べったりイチャイチャ新婚さんのようにしていないと気が済まない、、というか、不安?
そんなことは到底無理だし、そもそも口数が少ない私には老人の相手は向いてない
時間があるから余計なことを考える?
ディサービス増やす?


「今年もお兄ちゃんは迎えに来てくれるかな?」と言うので、(お兄ちゃんとは、私の兄のこと)
電話してみたら?と言うと電話したようで、「8月末に迎えに来てくれるって」と嬉しそう

兄と私は何年も前から色々な事でギクシャクした関係で、母の事についても意見が違う
毎年夏に母を迎えに来るけど、私には何の連絡もなくていつも母経由で来る日を知る、、という、ものすごぉ~くビミョウな付き合い方をしているので、この先の事をちゃんと話し合ったりできるのだろうか

兄は独身なので母が行っても滞在中はほぼ一人で留守番だし、外出は心配で止められてるからずっと部屋に籠りっきりだし、話し相手は兄だけだけど、それでもココよりも気楽なんでしょう、それに兄はとても優しい。 私が9歳の心臓手術の時、お百度参りをしていたと近所のおばさんから後になって聞いた、3歳違いだから兄12歳。兄からその話を一度も聞いたことはないけど

また昨年のように足が萎えるだろうか
認知症が進んでしまうのだろうか
兄が絶望しないだろうか
色々複雑な思いになる
でも兄の家で過ごすほうが母は幸せなのかも。

私の夫や夫の実家に申し訳ないと思う気持ちと、私に申し訳ないと思う気持ちがどうしても消えない
どんなに大丈夫だからと説明してもダメ
プライド?


肩の力抜いて生きられたらいいのにね~


MC:世の中で無駄だと思うことは?
中田:「わからないことを心配すること。
    何十年後の事とか... それよりも今頑張ろうと」


『介護』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 予定は1時間前に伝える | トップ | ルールが大変ね »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはよう~。 (みいやん)
2017-05-15 06:10:42
なかなかコメントを入れられなくってごめんなさいね。

パソコンも閉じていることが多くなりました。

お母様のお兄さんのところが気が楽....私なんか....お母様の気持ちわかる気がします。
もし私が同じ立場だったらやっぱりいくら娘のところでも気は遣う...それは婿さんにです。
そんな事..いつも思っているからおごらさんのお母さんもそうなんだと思うの。

あごらさんは男の子さんはいらっしゃるのかしら?

男の子って親にはとても優しく...たくさん言葉をかけてくれます。
うちの場合ですけどね。
娘より...数倍は話はします。
娘は無口な方なので...でも気持ちは繋がっていますけどね。
悩みは息子にすると心配するので娘にはします。
それもラインが多いかな。
電話での長話は好きではないみたいだから....

だから~お母様の気持ちはとても分かるのですよ...

兄弟の中がぎくしゃく...意見が違う....二人ともお母様の事を思っての事ですものね。

どちらが正解かは....どちらも正解なんです。

お母様は二人の子供がいて幸せです。
心配してくれる子供がいるんですもの。

介護~親の事で悩む時期に来たんですよね。
私の数年前まではそうでした。
今はお世話になっているのであごらさんの様な悩みは卒業したんです。

親の事が楽になったら今度はパパさんですものね。(笑)
いつまでたっても心の重みは無くなりませんわ(笑)
でもこれも運命。しかたがないわ...

回りのお友達を見ても本当に色々な事に直面していて....
悩んでいるのは私一人ではないんだっとつくづく思っているところなの。

あごらさんの事は記事を読んで今の現状が厳しいなぁ...大変だなぁ...
と思ってしまいます。
せめてお兄さんとの関係が良ければ気持ちも楽になるんですよね。
ひとりで抱え込むという事は辛いですものね。

あごらさんが素直な気持ちを綴っているので...愛おしくって....私の心に響きます。



Unknown (kana)
2017-05-15 16:22:06
私は一人っ子だから
兄弟の居る方~
羨ましい~って想います。

お母様
あごらさんに対して~
「悪いな~」って気持ちが
いっぱいいっぱいなんですね。
そう想うと胸が詰まる想いです。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。