どう老いるの

母親のお世話をしています

セルフネグレクトという心の病

2017-02-22 | おばーちゃん
昨年の5月に千葉でセルフネグレクトの60代の女性が救助された事が
最近になってニュースになっていました
せめて両足の先端が壊死する前に救助されたらよかったのに
気の毒で辛いです、同居の娘もどれだけ辛かった事でしょう

私は、母の様子が異常だと思っていましたが、どういうことなのか理解できずに結局約10年もずるずると、誰にも相談しないで母と対峙していました。 だからこの娘さんの「母の事を誰に相談したらいいかわからなかった」と言って涙した、、という気持ちがわかります。

母は、ずっとベッドで横たわって過ごして、鬱が和らいだ時は自ら買い物に出かけて一人暮らしなのに3人家族並みの買い物をしてきて、何も捨てない(溜め込み障害もある)から物がどんどん増えて、食べ物も捨てないから冷蔵庫はドアが閉まらないくらいになって、私が定期的に捨てる。(安価な)洋服も何枚も買って値札のついたものは何枚もあるけど、どんどん買うから整理のしようがなくて、ソックスやストッキングだけでもごみ袋3袋位をいっぺんに捨てたこともありました。そんなことの繰り返しの10年でした。

ボケてるわけでもなく、体のどこかに外傷があるわけでもない
どうしていいのかわからない日々でした
レジ袋や紙袋だってすぐに足の踏み場もないほどに溜め込んでいたから、それに乗って滑って転んだこともありました
だけど、本当にどうしていいか分からなかった、恥ずかしいと思う気持ちもあって夫にも相談できませんでした

ただただ、溜め込んだ物を捨てて、時々は気持ちが晴れるように一緒に出掛けたりしたけれど、その時は元気になるけど、家に帰ると同じ状態。

昨年の暮れに、ネットで「セルフネグレクト」「溜め込み障害」の事例に行きついて、やっと理解し現状を呑み込むことができました。それで夫に話せるようになって、地域包括センターにも相談しました。
遅すぎですが、、忙しさを理由にしていたのかもしれません

母は一人ぼっちで寂しくて、生きることを放棄してしまったのでしょう
もともと寂しがり屋の母です
ところが、娘の私は仕事と家庭の両立、母の身の回りのお世話に追われて、いつも鬼の形相で母に接していたのでしょう
介護って、体を使ってお世話する人と、心のケアをする人、それぞれが必要です
私は優しく接する余裕がありませんでした
楽しんでもらおうと一緒に外出しても、結局は疲れてしまって、、


もっともっと「セルフネグレクト」という心の病について広まって、悩んでいる人に情報が行くといいな





ロン毛シーズン到来のマリン&ハナ もうじき2歳4か月



『介護』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認定の遅れについて | トップ | 匂いがする?! »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (kana)
2017-02-22 09:32:32
おはようございます(^^)/

セルフネグレクト
という病気・・・
わかって良かったですね。
「遅すぎ」って事は
絶対無いって想います。
お母様の心の病がわかったって事
旦那様にその事を話せる様に成った事
あごらさんの心が少しでも
軽くなると良いな~って
想います。

ハナちゃんもマリンちゃんも
胸毛~とっても素敵ですね~
家もロングなのですが
こんな感じじゃ無いです
Unknown (あごら)
2017-02-27 11:52:31
kanaさん こんにちは! 毎日寒いですね。でも日差しは確実に春に近づいているようです、あと少し。 暖かい季節を楽しみに毎朝お散歩しています。kanaさん地方もすごい風ですね、飛ばされないようにね~ 母の事、ありがとうございます。どんどん進む老化に戸惑う日々ですが今は家族の理解もあるので何とか頑張れています。
Unknown (みいやん)
2017-02-27 12:05:28
あごらさん...

随分長いことおひとりで悩んでいたんですね。

私....あごらさんがどんなに心の葛藤があったのかと思うと胸が苦しくなるほどでした。

セルフネグレフトという病名....
私も初めて知りました。

私たちには考えもよらない事をしてしまうのはやはり病気だったんですね。

ネットで見てみたんですが....誰にでも
そのようになることはあるんだそうですね。
突然悲しいこと苦しいこと心に衝撃が起きたときなど陥ることがあるんそうですね。
だからいつ誰にでもその病気は襲ってくるかもしれないと書いてありました。

そんな事を考えていたら
あごらさんやお母様が苦しんで来た10年はあまりにも長く辛かったんだろうなぁ~と

これが兄弟や夫....家族と一緒にお母様にかかわって来ていたら
こんなに悩まなくても良かったんですよね。

それぞれその家庭は環境が違いますからね。

こうして10年経って....やっと窓口が開いてきましたね。
これからはどんどん相談できることは相談しながらやっていくといいですね。

あごらさんもお母様も家族みんなが今は前より幸せになっていると気がつく時が来ますように
何もできないみいやんですが陰ながら応援はしていますからね。


ハナちゃんとマリンちゃんの首輪?

とっても素敵ですね。
皮で出来ているんですか?
それぞれのデザインは違うようですね。

素敵なのを見つけるのがお上手ね。

あごらさんはお仕事もあります。
どうぞご自愛くださいね。





Unknown (あごら)
2017-03-02 19:51:53
みいやんさん こんばんは! いつも気に掛けて下さってありがとうございます、PC開くどころじゃない心境なのでしょう、それなのに見に来てくださってコメントを残してくださって、、、時間だって忙しくてないでしょうに、有難くてもったいなく思っています。きららちゃんとプリンちゃんの動画に私も癒されて、、というか、大ウケ~! 可愛いねぇ~ きららちゃんのガウガウのお顔大好き。プリンちゃんの、全く動じないであそぼー!って様子も可愛くて! みいやんさんのお家に来たわんちゃんは幸せですね。よかった~。 うちはたぶん里親にはなれないから(マンションの規定や住民同士の問題もあるし)、里親さんにエールを送るだけ、、それと施設に差し入れをするくらいです。みいやんさん、わんちゃんのためにもどうぞいつまでも元気で暮らしてほしいと思っています、、、あ!ご主人のために!が一番ですね!お姑さんの事も子育ての事もご主人と二人三脚で頑張って来られたんですものね、ご主人はみいやんさんの為に今がんばっておられるんでしょうね。
セルフネグレクト(自己放任)は今すごく多いそうですね、若者にもあるそうですね、うちの母は、父の介護が終わった(他界した)時点からその予兆はあったんだと思います、父は交通事故で頭を打って何年も患いまして回復したり悪くなったりを繰り返し、家での介護も大変だったうえに、入院するとその対応も大変で、、最期は病院で絶叫するのを抑えるために薬漬けで、、母の苦悩と悲しみは相当だったでしょう、父が亡くなって、母は自分の生きるすべてを使い切ったのかもしれません。 
みいやんさんやkanaさんが、声掛けして下さるから、こうしてポツポツと心の声を聞いてもらうんですよね、そうすると何かが溶ける感覚があるんですよね。
ありがとうございます。
愛なんでしょうね。無償の愛。
本当にありがとう。
Unknown (あごら)
2017-03-02 20:14:47
kanaさん、みいやんさん
そーだ、胸毛と首輪のことに触れるのをすっかり忘れていました、kanaさんとこのエリーちゃんもアニーちゃんもアンちゃんも直毛かな?アンちゃんはフワフワしてますね、アニーちゃんはうちのマリンの毛並みに似てるように思うんですがどうですか?エリーちゃんの被毛は完璧な美しさですよね、別格。 うちはロングなのにシッポ以外は普段は短毛なんです、カニンヘンの特徴なのか?と不思議に思っていますが、時にこんな風に胸毛が伸びるんです、まだ2歳なのでよくわからないんだけど(季節を2回しか経験してないから)、換毛期直前にはこんな風に伸びるのかも?と観察しています、ハナはくせ毛でマリンは直毛のようですね、首輪はハナとマリンで違うタイプのものにしましたら、夜中にどっちかを確認するのに便利でした、毛質が違うから触ればどちらか分かると思っていたのに、夜中は寝ぼけているから結構間違ってるんですよね、寝ながら首輪を触ってどっちかを確かめるのが楽しかったりします。そもそもは、活発なうちの子たちは♂に間違われるから、ピンクを身に着けて女の子を前面に押し出しましょう♪ という私の魂胆でつけ始めたんですけどね。みいやんさん、革です、 IKOYANで検索するとヒットすると思います、素敵な首輪がありますよ。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。