どう老いるの

母親のお世話をしています

割り箸と紙パンツ

2017-03-15 | おばーちゃん
母はたぶん1年前から紙パンツを履いています
たぶんと言うのは、一人暮らしをしていたので実態がよく分からなかったのです、、と言うか、私が無関心過ぎたんでしょうね
最初は、出掛ける時に安心だから履いていると言っていたけど、今は紙パンツオンリーです
寒がりな母は、紙パンツは暖かいとお気に入りです
先日ケアマネにそのことを話すと、紙パンツは暖かいとおっしゃる方います、、との情報。
あ、そうなんだ

母はリュウマチで手に力が入らないこともあって(ひどい時期は、冷蔵庫のドアを開けられず、取っ手の部分にタオルを掛けておいて、タオルを引っ張ってドアを開けていた)、ズボンとかパンツとかの上げ下ろしも容易ではなかったんでしょう、だから握力が原因でトイレが間に合わないこともあったのかも知れません。
だけど、母から紙パンツを履いていると聞いたときは、結構ショックでした
だから最初は見て見ぬふりをして、できるだけ普通のパンツも履いたほうがいいよと、全く寄り添うことをしませんでした
今でこそネットで購入していますが、母は自分でドラッグストアに行って買っていました
重いのにね。それに紙パンツを買う気持ちって、、
酷い娘だなぁ、、

握力が弱いので、
普通のお箸は持ち難いし挟みづらいんだそうです
コンビニでお弁当を買ったときについてくる割りばしが使い易いそうです
私は箸の好みがあって、割り箸を使うことに抵抗があって、母に使えそうな箸をいろいろ探してみましたが、結局、割り箸が今の母にはベストだと納得して、母には割り箸を使ってもらっています。

紙パンツにしても割り箸にしても、母の現状を受け入れられないことから寄り添えず、遠回りばかりしてきました
もっと母の言葉に耳を傾けて、素直に考えて、弱者に寄り添える人になりたい

『介護』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ケアマネとの契約 | トップ | 朝のお祈りが可愛くて泣けてきた »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もう… (あけ)
2017-03-15 23:06:33
お母様に寄り添ってると思いますよ。私は、最近、母を亡くし、もっと優しく、接してあげてたらなぁと…悔いなく、お母様の、お世話できればいいですね。
大丈夫 (みいやん)
2017-03-16 00:15:37
寄り添ってあげていなかったことに後悔みたいな感情はあっても

そのことに気が付いてあげられたのですからあごらさんは優しいと思いますよ。

一生気が付いてあげられない人だった居るはずです。
気が付いても素知らぬふりをする人だった居るはずです。
特に実の親であれば...理想に近づけたい気持ちがあるんです。
私も義母と実の母とでは気持ち的には違ってきます。
入れ歯の事でも実の母には歯入れてもらいたい..見た目もそうですし入れ歯を入れた方がよく噛めるからです。
でも義母が入れ歯は嫌だと言ったときにあっさりとそうなのって言いました。
見た目が変でも何も思わないのです。

あごらさんがお母様の紙パンツにもショックを受けたのは当然の様な気がします。
今は紙パンツは穿きやすいし柔らかでいいですね。
今パパさんは紙パンツはゆったりしているから良いと別に汚すわけでもないけれど気に入って穿いていますよ(笑)
普通のパンツはゴムがきついんだそうです。便利な世の中になりました。
あっ...義母も割りばしでしたよ。
滑らないで良いみたいですね。

そして...

あごらさんは大丈夫です。
みんなあごらさんと同じですよ。
酷くはないと思いますよ。
私も同じですから(笑)

親が年を取ってくると娘たちは同じ様な悩みを持つようになりますね。
Unknown (kana)
2017-03-16 21:05:08
私もみいやんさんが仰ってる様に
そう言う事に気付かない人も
居ると想います。
もしかしたら
私は気付かないかもしれません。
先日…
母の背中を見て…
「年を取ったな〜」って
ちょっとショックでした。
自分自身も年を取ってるのに
母も年を取ってるのだな〜って
改めて想いました。
あごらさんは〜
お母様に寄り添ってると想います。
私もあごらさんの様に
優しくありたいです。
Unknown (あごら)
2017-03-20 19:40:13
あけさん こんばんは。 ありがとうございます。
お世話しているとどうしても気持ちがささくれ立ってしまうんですよね、おっしゃるように後悔しないように過ごしていきたいと思います。あけさんのお母様は幸せだったことでしょう。

Unknown (あごら)
2017-03-20 20:07:55
みいやんさん ありがとうございます。
歯の事ひとつにしても沢山のエピソードがあるんですね、みいやんさんの気持ちすごくわかります。紙パンツは履きたがらない人も多いから自ら履くのはすごいことだとケアマネや包括センターの方がおっしゃっていました、介護する側にとっては履いてくれるのと嫌がるのとでは手間が随分変わりますものね。
ご主人、少しずつ元気になられて買い物や写真撮影に出かけられたりして、日常が戻ってきているんですね、みいやんさンが明るいから家族が元気でいられますね、私もそんな存在でありたいと思っています。
Unknown (あごら)
2017-03-20 20:31:27
kanaさん ありがとうございます。
母親っていつまでも強い人のように思うんですよね、願望もあるけど、、 たぶんそれは子が親に対する気持ちの永遠なのかも、、と思ったりします、だから「こうして欲しい」とか「こうであって欲しい」と思ってしまって優しくできないのかもしれません、でもうちの母のように弱ってしまうと、もう子供のようです。

おばーちゃん」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。