ハナママゴンの雑記帳

ひとり上手で面倒臭がりで出不精だけれど旅行は好きな兼業主婦が、書きたいことを気ままに書かせていただいております。

悲しい発見

2016-09-17 21:30:07 | 暮らし・生活

かくかくしかじかで4日前に子鳩を救助した私。

でも今日は、悲しい発見があった・・・・・

 

よく食べよく出してくれるので、子鳩の足はフンまみれ。 水浴させてやらなきゃな、なんて思いつつ見ていたら、

あれ、何かおかしいような・・・・・

 

左足指(?)の角度が変・・・ それに右足指は欠損しているような気が・・・。

  

ボウルに浅く水を張り子鳩を入れてみたけれど、じっとしたままだった。

 

昔(私と結婚する前)インコを飼った経験のあるオットーが、足指をチェック。

足には前に3本・後に1本指があるべきところが、右足にはまともな長さのは前に1本のみで、後のは短かすぎるし曲がっているみたいだった。

子鳩が暴れ出したのでストレスを避けるため左足はチェックできず。

 

オットーが子鳩に手杓子で水をかけてあげて、水浴完了。

子鳩が羽を乾かせるよう、オットーの “盆栽スタンド” にカゴを置いた。

 

(左足はよく洗えなかったので、まだ汚れていることをご了承ください。)

じっくり見てみると、この子鳩の足はやはり奇形だ・・・・・

  

  

これではさぞ歩きにくいことだろう。 止まり木に止まることも難しそうだ。

巣からこぼれ落ちただけでこんな風になるとは考えにくいから、先天性の奇形では。

まさか母鳩が、この状態では自然界で生き延びるのは難しかろうと、わざと巣から落としたりは・・・ しなかったよねぇ・・・?

 
 ネットで調べてみたけれど、猛禽類ならともかく野鳥を生涯世話してくれるようなシェルターはなかった。

シラコバトだと思うけれど、絶滅の危機に瀕しているわけではないあまりにもありふれた鳥だし。

野性の生きものは、自然界で自力で生きられなければ死ぬのが定め。

私、余計なことをしちゃったのかもしれない。

あのままあそこでひっそりと死なせてやった方がよかったのかもしれない。

まだ成長しきっていないので、オットーと相談の上、もうしばらく様子を見ることにした。

その間にたっぷり食べさせ栄養を蓄えさせておけば、飛べさえすれば何とかなるかもしれないから。


突然運命が暗転しつつある子鳩・・・ どうかどうか! 飛べるようになりますように・・・・・

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アガサ・クリスティーの記念切手 | トップ | 子鳩を保護した場所 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (coco)
2016-09-18 09:54:40
この子のお役に立てるかわかりませんが
こんな記事を読んだばかりでした!
ダンボール製の小さな小さなスノーシューズです。
丸まった足が正常に戻る可能性もあるとか。
でも専門家が施すから効果があるのかもしれませんね(>_<)
よかったらご覧ください。
http://spotlight-media.jp/article/324735212530178540
ありがとうございます。 (ハナママゴン)
2016-09-19 02:58:40
わぁ~、素晴らしいですね。
うちの子鳩の場合、右足は指自体が不足しているので無理だから、試せるとすれば左足ですね。
シロウトの私たちでは何の効果も得られないかもしれませんが、にっちもさっちもいかなくなったらやってみるかもしれません。
リンクありがとうございました。

コメントを投稿

暮らし・生活」カテゴリの最新記事