ハナママゴンの雑記帳

ひとり上手で面倒臭がりで出不精だけれど旅行は好きな兼業主婦が、書きたいことを気ままに書かせていただいております。

ダーズリーのツリーハウス

2016-10-10 23:08:47 | 暮らし・生活

何の変哲もない田舎町であるわが町ダーズリーが、先月あるテレビ番組に登場!

3年がかりで完成した “地上12mに立つツリーハウス” が、Channel 4 の番組 “Grand Designs” で紹介されたのである。

 ジョンさん(53歳)とノーリーンさん(46歳)のカップルが、35万5千ポンド(4544万円)をかけて建てたドリーム・ホーム。

35万5千ポンドの内訳はというと、土地の購入に8万5千ポンド(1088万円)、家の建築費が27万ポンド(3456万円)。

番組のプレゼンターと、ジョンさんとノーリーンさん(下左)。

ダーズリーで生まれ育ったジョンさんは、ツリーハウスに住むことが子供の頃からの憧れだったそうだ。

そのため子供の頃から見知っていた、スーパーと教会の裏手になったこの土地が売りに出されたとき、

家の建築許可が下りるかわからないまま購入。

 

ここは環境保護地域内の土地。 保護樹種であるトネリコ、シナノキ、オウシュウアカマツなど30種以上の木々が存在していて、

建築許可などとんでもない話に思われた。 しかし2人は、ベルギーで見た周囲に溶けこむツリーハウスにヒントを得て、

建築事務所にデザインを依頼。 そのデザインをもって建築許可を申請した。

 

その結果、いくつかの条件付きで建築が許可された。 たとえば 「周囲の木々の根を損壊しない」 ことが条件だったため、

コンクリートで基礎を築けない。 そこで地面には金属柱を立て、実際の “家” 部分は上に建てることになった。

スチール材で建設された1階には、セラミック・アーティストであるノーランさんのスタジオが入っている。

スチールの外装材で覆われた1階外壁には、周囲の景色が歪んで反映されている。

鏡にしなかったのは、野鳥が衝突してしまうのを防ぐためだそうだ。

 

2階にある玄関(?裏口?)へは、空中通路を歩いてたどり着く。

  

オープン・プランになった明るい居間。

 

マスター・ベッドルームに加えてバスルーム付の寝室が3つ(内装未完成)もあるそうだ。

 

キッチンの窓からの眺めも緑豊かで素敵。

 

なるほど2階3階の “家” 部分は確かに地面から12mあるかもしれないけど、1階のスタジオ部分は

大部分が地面に接しているのだから、“ツリーハウス” はちょっと大げさな気も?

でもまぁ許しちゃおう。 カラマツ材に覆われた外壁が周囲の木々にマッチしているし。

 

テラスへは、螺旋階段を伝ってたどり着く。 緑に囲まれているっていいなぁ!

 

 

以上はすべて、ネットからの借り物画像。

先週の土曜日、オットーと散歩のついでにこのツリーハウスを見に行ってみた。 よってここからは自前の画像。

スーパー・セインズビュリーズの裏手にある駐車場の向こうに・・・ 確かにあった!

 

さらに近寄ってズームイン。

 

スーパーの表側にまわって道路沿いに歩くと教会があり、その背後の建物 () の陰にちょっぴり見えるツリーハウス。

  

この土地はジョンさんとノーランさんの前にも二度建築許可が申請されたけど、二度とも却下。

その後荒れ果てて不法ゴミ投棄に利用されていたらしい。

でも2人のおかげで、そんなみじめな状態から脱出できたわけだ。 デザインの勝利 

こうして話題になったダーズリーのツリーハウスは、どうやらB&Bを始めるようです。

(なるほど、だからバスルーム付の寝室が余分に3つもあるのか。)

ダーズリー観光の際にはぜひどうぞ。


あぁいい目の保養になった。 自分の家がアレなので、素敵な家を見るのはいいものです。

(内装、ボロボロだもんな~・・・

 

《 関連?記事: ツリーハウスのゴージャス版

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国の味マーケット | トップ | 終の棲家探し ④ »

コメントを投稿

暮らし・生活」カテゴリの最新記事