パッションフルーツ他、園芸メモ

実のなる植物、草花の管理メモです。

パッションフルーツの害虫被害

2017-06-28 14:48:53 | パッションフルーツ実生3号(2015、9月種蒔き)
昨夜からの雨で今日の花は半ばあきらめていたら、午後には晴れたので一応人工受粉。
最近は人工受粉してもダメになる花が多いので結実したらラッキー位の気持ちでやってます。

花の見落としがないか探してみると、半開きの花があり、よく見ると雌しべの表面が全部かじり取られた跡が!


人工受粉もできないだろうとカットしてみたら着果してるみたい。
もったいないことしてしまったな~と眺めていると奥の方にかじった犯人が潜んでいました。
「ナメクジ」でした!
庭に直に置いているプランターなので上まで登ってきたようです。

今年は初めて茶色い大きなカメムシが数匹ついてて見つけては駆除してましたが雌しべが変形している花も結構ありました。


パッションフルーツは害虫の被害に遭いにくく病気もほぼないのが魅力のひとつだっただけに今年は余計な手間が増えてしまいました。


『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リンゴみたいなパッションフ... | トップ | 2016年挿し木パッションフルーツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

パッションフルーツ実生3号(2015、9月種蒔き)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL