gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

(増補版)539E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年6月~1891年8月)

2017-07-12 06:35:25 | 日記
題:(増補版)539E2/3:1/3:気になった事柄を集めた年表(1891年6月~1891年8月)
...(真を求めて 皆様とともに幸せになりたい・・日記・雑感)
.
1891年7月1日、九州鉄道会社線の高瀬駅~熊本駅間(28km)
 が開通し、門司駅~熊本駅間(195.4km)が全通した。
1891年7月5日、北海道炭砿鉄道会社線の岩見沢駅~歌志内
 駅間(49.7km)が開業し、手宮駅~歌志内駅間の直通運転
 が実施された。
1891年7月5日、清国の北洋水師(艦隊)が、戦艦「鎮遠」
 「定遠」と軍艦他4隻で、示威(名目上は親善)活動の
 ため東京湾へ来航した。
  本「頭山満と玄洋社物語」(続)(平井晩村著1915年
 刊)の第10章に、
  「日本の海軍の10倍の「鎮遠」「定遠」の巨艦を擁し、
 東京湾にあらわれ丁汝昌は、『眼中に日本なし』とせせ
 ら笑い、長崎に寄港して横暴のかぎりをつくした」とあ
 る(日清戦争の遠因)
  日本は、戦争回避もあってか? 金を出し、長崎市と
 協力して歓迎大会を開催した。
  また、横浜、呉などにおいても大歓迎会を催している。
  しかし、長崎においては、前回の時と違い、上陸して
 くる清国水兵に復讐する者もいた。
  (前回、清国水兵の乱暴狼藉事件があったため)
  上泉少尉は・・、「折角、親善を標ぼうして、来朝し
 て来る者を遇する道ではない」・・と、清国艦隊が、日
 本を去るに際し、最後の交歓をなすべく率先奔走した。
1891年7月11日、卒業式で君が代が歌われた。
  東京音楽学校の卒業式で「君が代」が歌われた。
1891年7月14日、山陽鉄道会社線の倉敷駅~笠岡駅間(28.1
 km)が開業した。
1891年7月19日、讃岐鉄道会社が、定数乗車券(乗車回数30
 回、通用期間2か月、普通運賃の2割5分引きの記名式回数
 券乗車券)を発売した。
1891年7月27日、高等官任命及俸給令が公布された(勅令第
 82号、高等官官等俸給令は廃止)
  官吏(かんり)は、具体的な任命のあり方に応じて、
 親任官、勅任官、奏任官、および、判任官の身分的区分
 が定められた。
  そして、このうち、親任官、勅任官、および、奏任官
 は、高等官とされた。
  高等官には、文官と武官の区分があった。
  任用については、文官は、高等文官試験に合格した者
 を任用する方法があり、
  また、武官は、陸軍士官学校・海軍兵学校を卒業した
 者を任用する方法が、それぞれ主流としてあった。
1891年7月27日、判任官俸給令が公布された(勅令83号、8月
 16日施行、従来の判任官官等俸給令は廃止)
  判任官(はんにんかん)は、官吏のうち、高等官では
 ない官吏の事を言う。
  高等官(勅任官・奏任官)の下に位置していた。
1891年7月27日、「鉄道庁高等官俸給ノ件」公布(勅令第117
 号、8月16日から施行)
1891年7月27日、技術官俸給令が公布された(勅令第84号、
 8月16日から施行、従来の技術官官等俸給令は廃止)
  技術官は、工芸・技術に関する職務に従事した官吏の
 ことをいう。
  判任官を技手、高等官を技師と称した。
1891年7月、鉄道庁長官(井上勝)が、「鉄道政略ニ関スル
 議」を内閣総理大臣に提出した。
  5713.2kmの鉄道建設が必要であるとして、第1期財源に
 充てるため公債募集を提議した。
  井上勝(いのうえまさる、1843年~1910年)は、山口
 県出身で、子爵になった人。
  1863年(文久3年、20歳)に、伊藤博文らとともに渡航
 し、ロンドン大学で鉱山・土木工学を学んだ。
  この時の5人を「長州五傑・ちょうしゅうごけつ)」と
 言い・・、
  長州藩から清国経由でヨーロッパに派遣され、主にロ
 ンドン大学ユニヴァーシティ・カレッジなどに留学した。
  井上聞多(馨)、遠藤謹助、山尾庸三、伊藤俊輔(博
 文)、野村弥吉(井上勝)の5名の長州藩士を指す。
  武器商人のトーマス・ブレーク・グラバー(グラバー
 商会)らの協力を得て成し遂げられた。
  この5名は、ロンドン大学に、「長州ファイブ(Choshu
 Five)」として顕彰碑が建てられている。
  1868年(明治元年、25歳)に帰国し、以後、井上勝と
 称した。
  1871年(明治4年、28歳)工部省鉱山寮鉱山頭兼鉄道寮
 鉄道頭、
  1872年(明治5年、29歳)鉄道頭専任となり、京阪神間
 鉄道の建設に尽力。
  1882年(明治15年、39歳)工部大輔、
  1885年(明治18年、42歳)内閣鉄道局長官兼技監など
 を歴任。
  1890年(明治23年、47歳)貴族院議員、内務省鉄道庁
 長官。
  1891年(明治24年、48歳)鉄道国有論を主張して、「
 鉄道政略ニ関スル議」を提出し、鉄道敷設法制定の契機
 となった。
  1896年(明治29年、53歳)汽車製造合資会社を設立し、
 社長に就任。
  鉄道院顧問となり渡欧したが、病にかかり、ロンドン
 で、1910年(67歳)客死した。
1891年7月、欧字新聞の検閲が始まった。
  1883年に軍隊や軍艦の動静(どうせい、物事の動き、
 様子、消息)の掲載などの禁止がなされた。
  そして、外交上の秘密事項なども加わった。
  1891年の大津事件は戦争に至る可能性もあったため、
 軽率なる報道への検閲の必要性があった。
  また、清国の不穏な日本を馬鹿にし、また、蔑視する
 行動などもあった。
1891年8月5日、世界初と言われるトラベラーズ・チェック
 (旅行小切手)が発行された(アメリカン・エキスプレ
 ス)
  因みに、現在、クレジットカードの普及など決済サー
 ビスの多様化に伴って、近年では利用が減少し、日本で
 唯一販売を続けていたアメリカン・エキスプレスは、2014
 年に販売を止めた。
1891年8月7日、日本最初の魚形水雷の試射(相州浜にて海
 軍省技師、喜志・坂本両氏による)
  1861年~1895年の間、清朝政府は、造船を最も重要な
 ものとし、4つの造船所と2つのドックを柱とする官営造
 船機構の整備を進めた。
  それは、江南機器製造総局(濾局)、福州船政局(閾局)、
 天津機器総局、黄哺船局並びに大沽ドック、旅順ドック
 である。
  そして、特に、中国の北方地域、首都・北京と港湾都
 市・天津、及び、その周辺地域において造船関連産業を
 振興させることが急務としていた。
  そして、防衛上の要衝地・天津に最新鋭の西洋式軍事
 機器を製造する天津機器総局を創設するべきとした。
  この1例の様に、中国は軍事化、そして、その近代化に
 邁進していた。
  実施する規模も雄大であり、最新の機器が備えられて
 行った。
  御雇い外国人も多数、要請していた。
  その分局の一つの東局の例を見ても、技師と技術労働
 者2000名を擁し、弾薬、銃砲、水雷および各種の軍需機
 器を製造していた。
  第二弾薬工場など新機器工場などと共に、建設計画が
 続いた、火薬工場なども・・諸処の工場には、イギリス
製の製造装置も備えられ、火薬工場は世界最大規模と言わ
れた。
  また、当時では最先端研究となる潜水艦の研究も進め
 られ、新しい船種、船型の建造が極秘裏に進めてもいた。
  日本よ!このままで良いのか?という状況だった。
  まったく、今現在と同じ・・、
  また、清国は、1866年~1868年の間、イギリスやフラ
 ンスから続々と軍艦を購入していた(澄波号など)。
  1873年には、自国建造修理も行い、洋式の進んだ銃砲
 の製造も行ない始めた。
  清国の状況は概略しか記せないが、あらゆる面を積極
 的に進めていた。
  1880年には、すでに、李鴻章は、イギリスやドイツか
 ら11隻の軍艦を購入して、海軍を創設していた。
  また、1882年~1913年の間に、大沽ドック゚だけで大小
 38隻の艦艇が建造されていた。
  それに対して、日本は、1891年に至ってやっと魚形水
 雷を試射するという段階だった。
  (参考)水雷:すいらい、多量の爆薬を詰め、水中で
     爆発させて艦船を破壊する装置。
      魚形水雷(魚雷)・機械水雷(機雷)など。
.
  (今日の言葉)
.
 題:あられもない教義に・・
.
1000年頃、イタリアのウンブリア山村の民衆は、キリスト
 教隠者の聖ロムアルドゥスを危うく撲殺しかけた。
  誠に愚かなことだが、それは、彼を失いたくなかった
 ための行為だった。
.
1231年11月17日、エルジェーベト (ハンガリー王女)が没し
 た。
  (参考)エルジェーベト(1207年7月7日~1231年11月
     17日)は、ハンガリー王エンドレ2世とメラーノ
     公女ゲルトルードの娘。
      テューリンゲン方伯ルートヴィヒ4世の妻。
      ドイツ名のエリーザベトでエリーザベト・フ
     ォン・ウンガルン、あるいは、エリーザベト・
     フォン・テューリンゲンとも呼ばれる。
      また、キリスト教のローマ教皇グレゴリウス
     9世により列聖された。
      聖エルジェーベト、聖エリーザベト、聖エリ
     ザベートなどと呼ばれる。
  そして、このテューリンゲンの聖エリザベートの遺体
 が、まだ埋葬されなかった時、善男善女の一群が、彼女
 の顔に巻き付けてあった布片を切り取ったり、引き裂い
 たりして持ち帰った。
  彼女の髪や爪を切り取り、果ては、耳や乳房までもち
 ぎり去った。
.
1274年に、トマス・アクィナスが、フォッサ・ヌォヴァの
 僧院で没すると、そこの修道士たちは、貴重な遺物が彼
 らの手から失われるのを恐れ、気高き師の遺体を文字通
 り漬け込んでしまった。
  つまり、頭を切り離し、煮て、調理してしまったのだ
 だった。
.
1441年頃、キリスト教は、古い昔から有色人種を軽く見て
 いた、卑劣な事である。
  それは、キリスト教の教義から来ていた。
  古代は、このキリスト教の教義に洗脳されたキリスト
 教徒によって、エチオピアの黒人の方々などが奴隷にさ
 れた。
  キリスト教聖書に書かれているので、まったく罪悪感
 は無かった。
  近年になっても・・、
  ポルトガルのエンリケ王子は、「できるだけ多くの土
 人(アフリカの黒人の方々の事)を生け捕りにして、持
 ち帰れ」・・と、命令を出した。
  コロンブスが、アメリカ大陸に達する半世紀前の頃(
 1441年頃)に、ヌニョ・トリスタンというポルトガル人
 (武装帆船の船長で、騎士の身分)は、アフリカ人の集
 落を襲撃した。
  そして、激しい戦闘の後、男女と少年の10名を生け捕
 りにした。
  こうして生け捕った12人を、リスボンに連れ帰り、エ
 ンリケ王子の所へ連れて行った。
  エンリケ王子は、大いに喜んだ。
  キリスト教に洗脳された頭には、まったく罪悪感は無
 かった。
  また、ローマ法王へも特別使節をたてて、このことを
 報告して説明した。
  ローマ法王も、大いに喜び、歓迎した。
  そして、『あらゆる罪が赦免される』という言葉を言
 った・・、
  「この戦いに従事する者すべてに対し、あらゆる罪の
 完全な赦免を与える」・・と、卑劣な事である・・
  この言葉によって・・、
  『以後、アフリカの方々を奴隷にする事が罪にならな
 くなった』、
  また、そればかりか、『過去の罪も完全に赦免される
 こと』になった。
  まったく、キリスト教の最高の頂点に立つ者であるの
 に、卑劣この上ない言葉だった。
  アフリカの方々に対する人権への意識は皆無だった。
  キリスト教に洗脳された者たちの頭には、有色人種を
 奴隷にする事は、あたかも物を分捕って来るがごとくの
 行為となった。
  そればかりか、それに加えて、過去の罪まで許される
 という事になった。
  キリスト教により『精神的未開人状態になっている』
  人権への自覚は・・まったく無かった。
.
15世紀中頃、屈辱の奴隷貿易が、この頃に始まった。
  ポルトガルによって行なわれた・・白人・キリスト教
 徒の奴隷貿易・・、
  人身売買・・人の売り買いが、この卑劣行為がなされ
 るアフリカの海岸を「奴隷海岸」というが・・、
  この行為を恥じたのか? 
  この非人道的行為を恥じたのか? 
  この「奴隷海岸」の名を消したいとしている。
  この白人キリスト教徒にとっての不名誉な事柄(奴隷
 海岸の名)は、負の人類遺産として長く記憶にとどめる
 べき事柄である。
  また、世界記憶遺産に登録すべきである。
  ・・が、しかし、この卑劣な非人道的行為を・・忘却
 の彼方に捨て去りたいとしている。
  19世紀には、また、卑劣なアフリカ侵略をしたヨーロ
 ッパの白人キリスト教徒たち、卑劣なアフリカ侵略の行
 為をした輩たち・・、
  近代植民地主義の低劣行為の限りをし尽くしたヨーロ
 ッパ・キリスト教国・・、
  その搾取の卑劣さには言葉を失して、嫌悪の情が湧く。
  低劣な人間たちが、無実の方々の『人間の尊厳』を無
 謀に奪った。
  それだけでなく、そもそも人間が人間である事さえ完
 全に否定するというキリスト教教義そのものを行なう。
  動物のレベルで、「奴隷狩り」という観念で、何世紀
 も奴隷貿易をした。
  16世紀~17世紀初頭には、スペインやポルトガルのキ
 リスト教国から始まった。
  独占的に行い、大きな儲けを享受した・・人間の売り
 買いで・・。
  何世紀も奴隷貿易をし、そして、イギリス、オランダ、
 フランスも、この巨大な利益を自分たちも得たいと・・
 この最悪の悪行為を引き続き行っていく。
  この人肉史上に、アメリカが首を突っ込んで、黒人の
 方々を、アメリカが最大に苦しめた。
  美味しい分け前をくれと主張し始め、この展開が、最
 悪の人肉市場を育てた。
  卑劣なアメリカであった。
  ジプシーの名も変えたいとしているが、散々、ジプシ
 ーの方々を虐げ、差別して来ていながら、その汚名を消
 したいとしている。
  だから、ジプシーの名を変えたいとしているのは、そ
 の本源的解決から逃避していて、ジプシーの方々の根本
 的救済にはなっていない。
.
1510年~1511年、ポルトガルが、ゴアやマラッカを征服し
 た。
.
1533年、スペインのピサロが、むごたらしい南米のインカ
 帝国征服を行なった。
.
1565年、スペインが、フィリピンを占領した。
.
1580年、スペインが、ポルトガルを併合した。
.
1595年、スペインが、奴隷貿易に関し、スペイン王室によ
 る独占的請負制だと主張し、この制度を導入した。
  従来の許可制から、よりおいしい利益を得たいと、こ
 の非人道的行為に関与した。
  この美味しい権利には、ヨーロッパのキリスト教国が
 群(むら)がり、取り合った。
  1640年は、ポルトガルからオランダへ奪われ。
  さらに、1701年には、フランスへ奪われ。
  1755年には、イギリスが奪った。
  儲けの多いこの非人道的行為に、ハゲタカの様にキリ
 スト教諸国は群がり、美味しい汁を吸った。
  皮肉な事に、アメリカへの最初の奴隷船は、「希望号
 (デザイヤー)」という船名が命名された。
  まったく、罪悪感のない輩たちだった・・軽蔑さるべ
 き輩たち。
.
1618年11月、巨大な彗星が現れる。
  あられもない事を言って世を惑(まど)わすキリスト
 教・・、
  「総(す)べてが破壊されて後に、平和は訪れる」と
 いう「キリスト教のシャローム(平和)」の教え・教義。
  この最悪の教え・教義によってアメリカ大陸のインカ
 帝国などのインディオの方々は大殺戮され、全滅させら
 れた。
  また、広島・長崎に原子爆弾が、キリスト教に酷く洗
 脳させられているアメリカ大統領によって投下された。
  1618年11月、この年、巨大な彗星が現れた。
  あまりに巨大なこの彗星は、天を焦がす如くに人々に
 は見え、人々は慄(おのの)いた。
  キリスト教に洗脳された天文学者兼占星術師パウル・
 ナーゲルは、まったく科学的な裏付けのない、口から出
 まかせの事を言った・・、
  「サートウルヌス(土星)とユピテル(火星)の影響
 だ・・云々・・」・・と・・、
  この男は、1577年の時にも、キリスト教聖書のヨブ記
 にある、巨獣ビヒモスと海獣リヴァイアサンに関連して、
 適当な事を言っていた、
  「混乱、悪の権化となって、キリスト教の創造の神に
 反抗する」・・と・・、
  「だから、キリスト教の神の恐ろしい刑罰がヨーロッ
 パに迫っている」、「目の前に迫っている」・・と・・、
  このナーゲルは、1621年に死ぬ、しかし、一旦は葬(
 ほうむ)られたが、
  その後、その適当さと不穏な言い方(預言)が断罪さ
 れ、墓は掘り返され、野に晒(さら)された。
.
1661年、アメリカのバージニア州の議会が、黒人の方々を
 『終身奴隷』とした。
  「役畜、家財道具、皿、書物などと同等に見なされる
 ことが、法律によって定められる」という卑劣なアメリ
 カだった。
  デュボイスは、「はりつけ、火あぶり、断食などは奴
 隷を罰する法律的やり方である」と、アメリカ卑劣さを、
 皮肉って言った。
  黒人の方々の一挙手一投足までも規制する法律=黒人
 奴隷取締規則(スレイブ・コード)が制定された。
  そして、1661年、バージニア州の議会が、黒人の方々
 を『終身奴隷』とした。
  この後、マサチューセッツ州(1641年)、
  コネチカット州(1650年)、
  ロードアイランド州(1652年)、
  メリーランド州(1663年)、
  ニュージャージー州(1664年)、
  ニューヨーク州(1664年)などなど・・
  アメリカ諸州が、白人だけに都合の良い、そして、非
 人道的な黒人奴隷制度が法律で決められて行った。
  卑劣で、遅れているアメリカだった。
  これと軌を一にして、益々、黒人奴隷数を増加させる
 というアメリカという低劣国だった。
  アメリカの独立当時の1776年頃には、総人口が約250万
 人の内、黒人奴隷が50万人も居た。
  また、その後の1790年には(最初の国勢調査)には、
 総人口392万9000人のうち、69万8000人が黒人奴隷(自由
 黒人を含めた黒人数は75万7000人)であった。
  黒人の方々の『血と汗と涙で出来たアメリカ合衆国』
 だった。
  黒人の方々へ感謝すべきである。
  そして、この国民の感謝日を創るべきである。
.
1672年、イギリスが、大々的に奴隷貿易の乗り出した。
  ヨーク公はじめ王侯貴族、大商人、大プランター(経
 営者)などが、こぞって奴隷貿易に関与した。
  その卑劣な巨大な儲(もう)けを受けるため、巨大な
 奴隷貿易独占会社である『王立アフリカ会社』を作った。
  日本との貿易なんて関わっていられなかった。
.
1754年、7年戦争が起きた。
  1754年~1763年まで戦われたイギリスとフランスの植
 民地も関係した戦争で・・、
  発端に、1740年~1748年の戦争・オーストリア継承戦
 争がある。
  このオーストリア継承戦争は、神聖ローマ帝国の皇帝
 位とオーストリア大公国の承継問題が係争点だった。
  何でも武力に訴えるキリスト教諸国の戦争ばかりの状
 況だった。
  この愚かさに引きずられて来たこの7年戦争は、イギリ
 スとプロイセンを主役とし、それに対して、その他の諸
 国(フランス、オーストリア、ロシア、スペイン、スウ
 ェーデン)が争った。
  この当時のキリスト教諸国のすべてが争った。
  悲しいかな植民地とされたインドにまで波及した(イ
 ギリスがベンガル地方を奪おうとした)。
  結果は、イギリスが勝って(フランスが凋落し)、イ
 ギリスは、時代の寵児となって行く・・、
  そして、イギリスは、インド・中国など世界各地で卑
 劣な極みの事をしでかして行く・・、
.
1755年、フレンチ・インディアン戦争(フレンチ・アンド・
 インディアン戦争)が起きた。
  1755年~1763年まで、北アメリカで行われた戦争で、
 世界的な戦争となった。
  (7年戦争ともいうが、ヨーロッパでは、この戦争に関
 し、決まった呼び名はない・・汚辱のこの戦争を歴史か
 ら消したいとしている・・卑劣な君たちがしでかしたこ
 とだ・・甘受せよ!)
  イギリスとフランスの戦争であるが、先住民のインデ
 ィアンの方々にとって、今まで自分たちの国土が奪われ
 て来た痛みが痛切で、自分の国土を奪還したいと、悲し
 いかなインディアンの方々は、フランスと同盟を結んで
 戦わざるを得ない状況だった。
  まったく自分には罪がないインディアンの方々が、や
 むを得ないこの様なこの戦いによっても、民族としての
 消耗が行われた。
  (しかし、何といっても最大のインディアンの方々の
 民族の消耗は、アメリカによる虐殺である)
  しかし、狡猾なイギリスは、インディアンの方々と同
 盟を結んでいた。
  (悲しいかなインディアンの方々の各部族の連携は取
 られていなかった・・ただただ、自分たちの国土を取り
 戻したいという感情だけだった、その感情に付け入った)
  狡猾なイギリスは、故に、表題の様に、フレンチ・イ
 ンディアン戦争と呼び、呼ばせ、そして、世界にプロパ
 ガンダ(嘘宣伝)する・・根本は、イギリスとフランス
 のアメリカ領土の奪い合いの戦争である・・ヨーロッパ
 での戦争・衝突の延長でもある。
  この戦争に、アメリカ合衆国の初代大統領となったジ
 ョージ・ワシントンがイギリス側に加わっている。
  また、卑劣な事に、この戦争に於いてイギリスが、フ
 ランス側についているスペインからフロリダを割譲され
 たり、
  スペインは、その見返りとして、イギリスからキュー
 バのハバナを貰ったり・・、
  フランスが、同盟国のスペインに、ミシシッピー川以
 西のルイジアナを割譲したり・・アメリカの領土をやり
 とりした・・インディアンの方々は、ただただ、血が流
 れただけだった。
  結果、イギリスが、北アメリカの東半分を植民地とし
 て勢力支配地とした。
.
1757年、イギリスが、インドを奪った。
.
1763年10月7日、1763年宣言(1763ねんせんげん)
  イギリスが植民地に押し付けた宣言で、
  イギリスの国王ジョージ3世が、宣言を発した。
  アメリカのフランス領を、7年戦争に勝ったので、この
 得た広大は土地への入植や、土地の購入や、取引(毛皮)
 などの規則を定めた。
  インディアンの方々は、土地を奪われた(イギリスは、
 購入したと主張)・・それ故に、このアメリカの土地は、
 イギリスが、独占的に取引する権利を有すると宣言した。
  既に、土地を持っている入植者をはじめ、インディア
 ンの先住の方々の権利は無視された・・先に入植してい
 た入植者たちも憤った。
.
1763年、ポンティアック戦争 (1763年~1766年)
  この戦争は、以前から、フランスが、領有権を主張し
 ていた土地を、イギリスが奪い、そして、占有すること
 を阻止するために・・
  このインディアンの方々に対して現れた新たな土地を
 奪うイギリスという国に対し、
  先住民族である本当の土地所有者のインディアンの方々
 が起こした戦争だった・・が・・、
  悲しいかな不成功に終わった。
  「1763年宣言」は、ポンティアック戦争以前に宣言さ
 れていたが、紛争の勃発により、その実行が急務となっ
 た。
  イギリス政府の役人は、アメリカ・インディアンの方々
 に、イギリスの規則を認めさせようとし、また、それ以
 上の敵対的行動を抑えようとした。
.
1764年4月5日、「砂糖法」で金を巻き上げるイギリス。
  イギリスが、植民地に押し付けた規則「砂糖法」で、
 この規則などの植民地規制は、、植民地に大きな不満を
 引き起こした。
  砂糖法は、この日、イギリス首相のジョージ・グレン
 ヴィルの主導によって、イギリス議会で制定された。
  この規則は、関税に関する法律で、「アメリカ歳入法」
 「アメリカ関税法」とも言われた。
  序文に・・、
  「この王国(イギリス)の歳入を改善するには、新し
 い規定と規制を確立すべきである・・また・・歳入を高
 めるべく努めることは正当であり、不可欠である・・上
 述のものを防衛し、保護し、安全を確保する費用を負担
 するために」・・と、自分に都合良く述べられている。
  砂糖法の制定以前に、糖蜜法(1733年成立)があって、
  これは、イギリス領ではない植民地から輸入される糖
 蜜に、1ガロン当たり6ペンスを課すことによって、イギ
 リス領西インド諸島産の糖蜜のものだった。
  砂糖法は、関税率を1ガロン当たり3ペンスに減額する
 ことで、徴税の強制力を強めたものだった。
  また、課税対象が、ワイン、コーヒー、衣類などに広
 げられた。
  賄賂や袖の下が通用し・・密貿易者はその手を多用し
 た。
  それ故に、それを取り締まり役員・職員には、甘いも
 のとなった。
  イギリスは、フレンチ・インディアン戦争で負った莫
 大な負債を返済するため、資金集めという意図が強かっ
 た。
.
1765年3月22日、印紙税法(または印紙法)
  イギリスの植民地の方々を虐(しいた)げるこの「印
 紙税法」の制定に至り、その不満は、憤激に代わった。
  しかし、イギリスは、さらに、1767年に「タウンゼン
 ト法」を制定した。
  イギリスは、植民地政策を、一層、強化した。
  そして、1770年3月5日に『ボストンの虐殺』が起きて
 行く・・、
  この印紙税法は、この日、イギリス本国で、議会が制
 定した。
  新聞や公文書、そして、証書や手形など、植民地のあ
 らゆる印刷物に、所定額の収入印紙を貼ることを命じた。
  そこからの収入を、駐屯軍費用と密貿易取締り費用に
 あてようとした。
  年間・6万ポンドの税収を見込み、イギリス本国の財政
 窮迫にも対処しようとした。
  これは アメリカの13の植民地全体の商人、農民、漁民、
 弁護士、出版業者など・・あらゆる階層に、そして、職
 業に影響が及ぶものであった。
  しかし、横暴にもイギリスは、そうであるにもかかわ
 らず、植民地議会の同意を得ていなかった。
  これは、イギリス憲法によって保障されている植民地
 の権利を無視するものだった。
  「代表なくして課税なし」というスローガンに集約さ
 れる広範な反対運動を引き起した。
  反対運動は、植民地議会や、各地の反対決議、9植民地
 代表による印紙税法会議開催、街頭デモ、印紙指定販売
 人襲撃、イギリス製品の不買などの形をとり、イギリス
 本国でも反対運動が起り、翌年の1766年3月に撤回された。
.
1775年4月19日、レキシントン=コンコードの武力衝突。
  このアメリカとイギリスの武力衝突を経て独立戦争が
 始まる契機となった。
  マサチューセッツのレキシントン(ボストンの近く)
 にて、反乱者を逮捕しようと向かったイギリス軍と植民
 地軍(アメリカ)が交戦。
  ここから独立戦争が始まる。
  数で負けるイギリス軍はボストンへ逃げ込み、反乱軍(
 アメリカ軍)は街を包囲。
  その知らせを聞いた民兵たち(アメリカ軍)が、各地
 からぞくぞくと集まって来た。
.
1789年、アメリカ合衆国憲法ができた。
  しかし、卑劣な事に、その第4条第三節第二項において、
 アメリカ合衆国の広大な土地を「合衆国に直属する領土」
 として、
  先住民のインディアンの方々の権利を、ことごとく奪
 った。
.
1947年7月19日、エクソダス号事件
  イギリスは、ユダヤの方々を虐(しいた)げた。
  イギリスは、ユダヤ人難民4530人のパレスチナ上陸を
 拒否した。
  この方々は、ナチスの強制収容所で、幸い殺されず、
 生き残った方々だった。
  この時のイギリスのやり方は強引で、イギリス兵は銃
 撃した。
  武器のない難民の方々は、空き缶や野菜を投げて抵抗
 した。
  3時間の虐げの攻撃を受けた。
  また、エクソダス号は、体当たり攻撃も受けていたの
 で船は浸水していて、降伏した難民の方々は、別の船に
 乗り移らされた。
  イギリスは、ハンブルグ(ドイツ北部の都市)へ連れ
 て行き、強制的に下船させ、そして、リューベックの収
 容所へ入れた。
  ナチスの手をやっと逃れた方々を、再び、ドイツの収
 容所へ入れた。
  国際的な批判も受け、イギリスは、今後、難民の方々
 をヨーロッパへは戻さないと言った(ユダヤの方々に対
 し虐げのヨーロッパ世論でもあった)
  因みに、ハンブルグには歴史博物館があるが、その記
 述には・・
  「1933年にヒットラーが政権をとり・・、
  1938年11月9日~10日にかけて、ユダヤ人の方々への組
 織的迫害を始め・・、
  1941年秋には、ハンブルクのほぼ全員のユダヤ人の方々
 が、ミンスクやリガへ輸送されて行った。
  1933年のヒットラーが政権を取る以前は、17000人もの
 ユダヤの方々が居られたのに、
  1945年5月には、たった数百人のユダヤの方々しか居な
 かった」・・と・・、
  そして、この事件をモデルとした映画・栄光への脱出。
  Exodusは「大挙した脱出」という意味で、キリスト教
 の史実に実存しない「架空のデッチアゲ話の出エジプト
 記」になぞらえている(1960年、映画化)
.
1991年1月17日、湾岸戦争が始まる(気化爆弾が使われた)
  この戦争は、第41代アメリカ大統領ジョージ・H・W・
 ブッシュ(父)の主導で、イラクの空爆を行なうことで
 始まった。
  この時、気化爆弾が使われた。
  この爆弾は、爆発による破片による殺傷ではなく、急
 激な気圧の変化による内臓破裂などを起こさせる爆弾で、
 非常な威力があった。
  それは、人体が、1kgf/cm2 程度の爆風(=風)でも、
 急性無気肺や肺充血を起こすからで、
  また、さらに、一酸化炭素を大量に含んだ酸素バラン
 スが悪いガスが襲い掛かってくるため、酸欠と一酸化炭
 素中毒と呼吸困難を同時に起こすことになり、窒息死を
 したようになった。
  だから、建物に避難している人たちをも、無差別に殺
 された。
  (戦闘員だけを対象にした爆弾ではない・・その最初
 から無差別殺戮を目的としている非人道的兵器)。
  また、燃え残ったこの爆弾の燃料が、大地に広がった
 だけでも危険という代物(しろもの)。
  アメリカは、この兵器を開発して、保有しているが、
 積極的に使用したがっている。
  この湾岸戦争のとき、広範囲の砂漠に分散して砂中に
 隠されたイラク軍戦車部隊や、随伴歩兵らの兵力を削ぐ
 べく、この兵器が使用され、
  多数のイラク兵が、この兵器の作動時に発生する巨大
 な火球によって、塹壕(ざんごう)や戦車の中で蒸し焼
 きになって焼き殺された。
  また、衝撃波で(目立った外傷も無く)圧死させられ
 た。
  この爆弾は、BLEVE現象による殺戮となる・・
  (参考)BLEVE(ブリーブ、ブレビー)は、液体
     の急激な相変化による爆発現象。
      日本語では、「沸騰液膨張蒸気爆発」や「沸
     騰液体蒸気拡散爆発」などと訳す。
  この爆弾の研究は、第二次世界大戦中にドイツで始ま
 った。
  これは、爆発性の高い燃料を、ポンプで散布するので
 はなく、燃料自身の急激な相変化によって行われる。
  そのため、秒速2㎞もの超急速度で拡散する。
  このため、数百kgの燃料であっても、放出に要する時
 間は100ミリ秒に満たない。
  だから、爆弾が、時速数百kmで自由落下しながらでも、
 瞬間的に広範囲に燃料を散布できる。
  燃料の散布が完了し、燃料の蒸気雲が形成され、着火
 され、自由空間蒸気雲爆発が起きる。
  大きな破壊力を発揮する。
  爆鳴気の爆発で、空間爆発の強大な衝撃波を発生させ、
 12気圧に達する圧力と、2,500℃~3,000℃の高温が発生
 し、人体に多大な影響を与える。
  音速飛行の戦闘機や航空機でも投下でき、湾岸戦争の
 時、アメリカはヘリコプターで投下した。
.
2017年、偉大な日本人の発明がまた・・、
  ほとんどの物は、酸化(燃焼)するときに、熱を発す
 る。
  今・現在、炭素を酸化させて(燃やして)人類は、熱
 (エネルギー)を得ている。
  この事によって、人類は、文明が維持され、生活が維
 持され、保たれている。
  しかし、この炭素の燃焼は、炭酸ガスの発生による地
 球温暖化の問題を発生する。
  アルプスの氷河が無くなり、また、ハワイのワイキキ
 の浜辺が、海水面の上昇で無くなって来ている。
  この様な現状を打開する発明が、輝かしくも日本人の
 手によってなされ、このシステムが成立しつつ、ほぼあ
 る。
  偉大な日本人の偉業が、また一つ増えるという状況で、
 ノーベル賞の有力候補となっている。
  炭素の燃焼に、人類が頼(たよ)っているのは、その
 保存性と燃焼性であるが・・、
  その炭素に代わって、アンモニアを燃焼させようと、
 そのアンモニアの燃焼の欠点が、日本人の発明・研究に
 よって克服されつつある。
  実証実験の段階となっている。
  アンモニア燃焼の良さは、燃焼後の発生ガスが、水素
 と窒素であるため、地球温暖化の問題も発生しない。
  日本人研究者が、その燃焼性と保存性の解決策を発明
 した。
  有望な触媒による発明がなされて、解決し、また、一
 連のシステム成立の可能性が、現在、大いに高まってい
 る。
..
 (詳しくは、以下のブログへ。そして、宜しければ、
        このブログを世界へ転送してください)
  http://blog.goo.ne.jp/hanakosan2009
または
  http://d.hatena.ne.jp/HACHI2009/archive
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (増補版)538E2/3:1/3:気... | トップ | (増補版)540E2/3:1/3:気... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。